エミレーツ航空(EK)のラウンジ、送迎サービスが再開

エミレーツ航空(EK)のラウンジ、送迎サービスが再開

少しずつ、入国が許可される国が増えていますがアラブ首長国連邦(UEA)も2020/7/7より入国できるようになります。
(検査が必要です)


それに合わせて、エミレーツ航空(EK)やエティハド航空(EY)も運航していた路線の再開を発表しています。
 
そして、EKはクローズしていたドバイ(DXB)のラウンジを再開しました。
 
ラウンジ再開の取り組みについて少し調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ラウンジの再開

再開されるラウンジは、ドバイ空港(DXB)のターミナル3、コンコースBにあるラウンジです。

Screenshotドバイ空港(DXB)ターミナル3 エミレーツ航空(EK) ビジネスクラスラウンジ(コンコースB)

ドバイ空港(DXB)ターミナル3 エミレーツ航空(EK) ビジネスクラスラウンジ(コンコースB)

その他、世界中にあるEKラウンジも順次再オープンしていく予定となっています。
 
ラウンジの中はマスク着用が必須で、食べ物の提供はビュッフェ形式ではなくボックスに入ったもの。
 
こんな感じのようです。

送迎サービスの再開

またEKは、ファーストクラス搭乗客、上級会員を対象とした送迎サービスも再開します。
 
乗員定数は、3人まで。
 
4人以上で同じ車に乗るときは、リクエストが必要となります。

運航路線の再開

7月からEKは以下の予定で運航路線を再開します。
 
・ハルツーム(KRT) : 7/3から
・アンマン(AMM) : 7/5から
・関西(KIX) : 7/7から
・成田(NRT) : 7/8から
・アテネ(ATH) : 7/15から
・ラルナカ(LCA) : 7/15から
・ローマ(FCO) : 7/15から
・グラスゴー(GLA) : 7/15から
・マレ(MLE) : 7/16から
  
ようやく日本路線も再開のようです。
 
航空券をお得に購入して、後で日本路線に変更、ということも可能ですね。

Screenshotエミレーツ航空(EK)のとても興味深い予約変更ルール

エミレーツ航空(EK)のとても興味深い予約変更ルール

まとめ

ドバイや地中海の国々のように、観光産業が国の産業の大部分を占めている国から、観光客の受け入れを再開し始めています。
 
今度ポルトガルへ仕事で行く時は、EKを利用しようかと思っています。
 
モツァレラチーズがとても美味しかったDXBのファーストクラスラウンジ、また訪れたいですね。

ScreenshotLounge Review : ドバイ空港(DXB)ターミナル3 エミレーツ航空(EK) ファーストクラスラウンジ(コンコースA)

Lounge Review : ドバイ空港(DXB)ターミナル3 エミレーツ航空(EK) ファーストクラスラウンジ(コンコースA)

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea