エティハド航空(EY)のA380ファーストクラスがソウル仁川(ICN)にやってくる!(2019/7/1から)

エティハド航空(EY)のA380ファーストクラスがソウル仁川(ICN)にやってくる!(2019/7/1から)

経営難がささやかれているエティハド航空(EY)のエアバス A380機材でのファーストクラスは現在世界4都市に就航しています。
 
この4都市の中で入れ替えがあり、2019/7/1からソウル仁川(ICN)へファーストクラス機材が就航することになりました。
 
個人的にはとても驚いたので記事にしてしまいました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

EYのA380機材について

2019/2/15現在、EYが保有しているエアバス A380機材は10機で、機材登録番号は以下のようになっています。

10機しかなく、経営難なのでもちろん新規で機材がやってくる訳ではありません。
 
既存のA380運航路線を入れ替えて、ICNへやってくることになります。
 
では、どの都市が消えてしまうのでしょうか?

どうやって機材繰りをしたのか?

2019/7/1以降、A380が運航されなくなるのは、シドニー(SYD)。
 
今後、AUH – SYD線はボーイングのB777-300ERで運航されることになります。
 
SYD線は距離が長く、燃費もよくないので燃料費がかさみます。
 
それを上回るほどの収益を得られなかった、ということですね。
 
 
それにしてもなぜICNなのか?という疑問は残ります。
 
規模の大きな空港で、そこそこ集客が見込めて空港利用料が安いところ、ということで選ばれたんだと思いますが、成田(NRT)とか関空(KIX)はダメだったんでしょうかね。
 
ICNなら、(自分みたいな)日本からの搭乗客も見込めるという計算があったんでしょうか?

まとめ

ちょうど就航日はヨーロッパにいるので就航日フライトはできませんが、いつなくなるかわからないので予約しちゃいました。
(ビジネスクラスですが)
 
EYファーストクラスに必要なマイレージ数を、提携航空会社毎にまとめています。

Screenshotエティハド航空(EY)のファーストクラス

エティハド航空(EY)のファーストクラス

早速各方面のマイレージプログラムで検索をしていますが、今のところファーストクラスでの空きはなさそうです。
 
先日、エアバスがA380の生産を終了する発表を行ったので、できる限り多くA380には搭乗したいと思っています。
 
実は今度A380のファーストクラスに搭乗する予約をしてしまったのですが、どの路線なのかはブログでの投稿をどうぞお楽しみに 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea