First Class Review : タイ国際航空(TG) TG676 バンコク(BKK) – 成田(NRT) ボーイング B777-300ER

First Class Review : タイ国際航空(TG) TG676 バンコク(BKK) – 成田(NRT) ボーイング B777-300ER

バンコク(BKK)から成田(NRT)まで、タイ国際航空(TG)に搭乗して日本に戻ってきました。
 
今回、ファーストクラスに搭乗することができました。
 
中の様子をお伝えします。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

TG676搭乗記

今回は南アフリカからの戻りで、いったんタイへ入国して1泊し、翌朝ファーストクラスのチェックインカウンターへ向かいました。


チェックインカウンターの中はこんな感じ。


とても静かです。



チェックインをしている間、お水をいただきました。

その後は、専用の出国審査ゲートへ。

出国審査後は、以前はカートでラウンジへ連れて行ってくれまましたが、今はもうカートのサービスはありません。
 
それでも、スタッフの方が荷物を持って歩いてくれます。
 
ラウンジも、以前のロイヤルファーストラウンジではなく、オーキッドラウンジの一角です。

Screenshot

Lounge Review : バンコク・スワンナプーム空港(BKK) タイ国際航空(TG) ロイヤルオーキッドプレステージラウンジ ファーストクラススペース(Royal Orchid Lounge First Class Space)

Lounge Review : バンコク・スワンナプーム空港(BKK) タイ国際航空(TG) ロイヤルオーキッドプレステージラウンジ ファーストクラススペース(Royal Orchid Lounge First Class Space)

時間が来たので、搭乗ゲートへ向かいます。

機材、中の様子

今回の機材は、ボーイング B777-300ERです。

機材登録番号は、HS-TTA
 
2022年から運用されている、新しい機材です。
 
Alongkornというニックネームがついています。

Screenshot

タイ国際航空(TG)の新しいボーイング B777機材はファーストクラス設定あり!

タイ国際航空(TG)の新しいボーイング B777機材はファーストクラス設定あり!

座席

座席は、こんな感じです。

1Aに座れました。

座席横の、小物入れ。

エンターテインメントシステムのリモコンです。

タッチパネルで、シートを調節します。

この中には、チョコレートが入っています。


ノイズキャンセリングヘッドフォンと、

ポルシェのアメニティキット。

パジャマは、Sサイズをいただきました。

USBポートもあります。

以前ファーストクラスに搭乗した際は花が挿してありましたが、コスト削減の影響か、花は挿してありませんでした。




ウェルカムドリンクのシャンパンは、ドンペリニヨンでした。

参考価格は、こんな感じ。


トイレは、こんな感じです。

食事

メニューです。

今回はヴィーガンミール(VGML)を事前にリクエストしておきました。
 
食事前に、お茶をいただいてみました。


VGMLをリクエストしたものの、はちみつが出てきました。

そして、クロワッサンも。

わずかにサクサク。
 
形は違いますが、基本的にはラウンジのクロワッサンと同じです。
 
バターの香りはあまりしませんでした。
 
 
2 out of 5



着陸前に、VGMLではない食べ物を勧められ、食べてみました。

VGMLではないデザートも。

TGオリジナルのジュースもいただきました。

NRT着

6時間ちょっとで、成田(NRT)に着きました。
 
チェックインから離陸まで、動画に収めました。

ファーストクラスの食事であっても、VGMLをリクエストしたにもかかわらずヴィーガンではない料理が出てきます。
 
ヴィーガンではない料理も勧められたりするので、TGではヴィーガンの考え方が徹底していないのかなと思います。
 
ヴィーガンの方はちょっと注意しないといけないかもしれないですね。
 
最後、客室乗務員の方が何人か挨拶に来ましたが、2020年以前に搭乗したファーストクラスよりは満足ができませんでした。

Screenshot

First Class Review : タイ国際航空(TG) TG660 バンコク(BKK) – 羽田(HND) ボーイング B747

First Class Review : タイ国際航空(TG) TG660 バンコク(BKK) – 羽田(HND) ボーイング B747

コスト削減を優先しているような感じで、豪華さは消えてしまっています。
 
機材は新しくなりましたが、ボーイング B777-300ERのファーストクラスなので、エールフランス航空(AF)や日本航空(JL)、全日空(NH)と基本的には同じです。
(シートメーカーが違うだけ)
 
ラウンジでの体験も特別感が無くなってしまったので、とりあえず1回体験すれば良いかな、という感じのファーストクラスになってしまっていました。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA