Flying Blueがファミリーアカウントを導入

Flying Blueがファミリーアカウントを導入

エールフランス航空(AF)/KLMオランダ航空(KL)のFlying Blueは、プログラムの利用規約を更新し、マイレージをプールするためのファミリーアカウントを開始しました。
 
いくつかの航空会社でも導入されているこの制度、自分ももしかしたら使うかもしれないので少し掘り下げてみます。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ファミリーアカウント概要

新しく開設されたFlying Blueファミリーアカウントでは、大人2名、子供6名までの合計8つのアカウントからマイレージをプールすることができます。
 
ファミリーアカウントに登録後6ヶ月間は、退会することができません。
 
18歳以上のFlying Blue会員は、Flying Blue Familyを作成し、家族を招待することができます。
 
Flying Blue Familyを作成すると、お客様はFlying Blue Familyの代表者になります。
 
そして、家族のマイルを代表者のFlying Blueアカウントに移行することができます。
 
Flying Blue Familyになれるのは、1人です。
 
マイレージが多ければ多いほど、特典航空券や追加オプションの予約に近づきます。

まとめ

ファミリーアカウントは、マイレージの有効期限が切れてしまう友人や家族のマイルをプールしておくのに最適な方法で、多くの航空会社がすでにこの機能を提供しています。
 
家族でスカイチームのフライトに搭乗する機会はなかなかないですが、念のためにファミリーアカウントは開設しておこうと思います。
 
Flying Blueはヨーロッパ内であっても特典航空券を予約する際にそこそこマイレージが必要なので、どうしてもブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のAviosを利用してしまいます。
 
Flying Blueの醍醐味といえばやっぱりAFのファーストクラスだと思います。

このファーストクラス、ぜひCDG発のフライトを予約してフルサービスを味わってみたいので、できる限りFlying Blueのマイレージを獲得してもう一度AFファーストクラスを予約したいと思います。
 
前回ファーストクラスを利用したのは乗り継ぎ含めのフライト + ファーストクラスラウンジ「Le Salon」が開いていなかった時なので、今度はぜひ利用してみたいです 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA