Flying Blueが上級会員の物理カードの配送を廃止

Flying Blueが上級会員の物理カードの配送を廃止

上級会員になった後の楽しみと言えば優先搭乗やラウンジの利用ですが、もう一つ、ステータスカードが家に届くのも大きな楽しみの一つだと思います。
 
今は、この上級会員ステータスカードを送ってくれる航空会社もどんどん少なくなっていますが、日本航空(JL)や全日空(NH)はまだ送ってくれていますね。
 
エールフランス航空(AF)/KLMオランダ航空(KL)などのマイレージプログラムであるFlying Blueも物理カードを送ってくれている数少ない航空会社なのですが、遂にカードの配送を2022年1月から廃止することになりました。
 
とても残念な決定なのですが、この決定を少し深掘りしてみます。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

Zero plastic, zero hassle

先日、Flying Blueから届いたメールによると、「環境負荷を減らすために」2022年1月から物理カード・ラゲージタグの配送をやめるそうです。
 
これにより、「5トンの紙と15トンのプラスチックを使わなくて済む」そうです。
 
代わりに、デルタ航空(DL)などと同様にデジタルカードをダウンロードして利用することになります。
 
全くおもしろくない変更となってしまいました。
 
スマートフォンの電源がちょうど切れてしまった時なんかは、どうするんでしょうか。
 
せめて、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のように希望者には(有償でもよいので)配送してくれるような形にしてくれればよかったのですが・・・。
 
個人的には、「Zero plastic, huge hassle」です。

まとめ

時代の流れで、物理カードを配送しない航空会社は、今後どんどん増えていくでしょう。
 
「環境負荷を減らす」と言えば聞こえはいいですが、実際はコスト削減に他なりません。
 
デジタルなら、毎年5トンの紙代と15トンのプラスチック代が浮くわけですからね。
 
とにもかくにも、今持っている物理カードを大事に長く使わなければいけません。
 
JLやNHの国内線ラウンジに、このカードを付けたバッグを持って入ってることが、誰にも氣付かれなくていい、ささやかな自己満足なので・・・。
 
ステータスのカードは究極的に、自慢をするためのカードだと思いますが、デジタルカードでは本当に誰にもわからないのでShow offできませんからね^^;

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA