Hotel Review : 香港スカイシティ マリオットホテル (Hong Kong SkyCity Marriott Hotel)

Hotel Review : 香港スカイシティ マリオットホテル (Hong Kong SkyCity Marriott Hotel)

先日、ヨーロッパへ行く際の前泊地として
 
香港スカイシティ マリオットホテル
 
へ宿泊してきました。
 
今回はプラチナメンバーでの宿泊でしたが、旧マリオット系列のホテルはどうだったんでしょうか?
 
中の様子のレビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ホテル概要

香港スカイシティ・マリオット・ホテルは空港から一番近いマリオット系列のホテルです。
 
空港からは、シャトルバスが出ています。
 
チェックインをする日は、空港の到着口B05へ向かってMarriottのカウンターで車を手配してくれます。

昼間は、バス乗り場の11/12番からシャトルバスに乗ることができます。


10分くらいでホテルに着きます。

ロビーは、こんな感じ。

昼間にも写真を撮ってみました。



滞在中、カタール航空(QR)とフィジーエアウェイズ(FJ)の客室乗務員の方々を見ました。
 
一応、オーシャンビューにアップグレードしてもらいました。

部屋

「アップグレード」してもらった部屋はこんな感じです。




ウェルカムフルーツが置いてありました。



バスルームは、こんな感じです。

トイレが隣にあるタイプの部屋です。

バスタブはなく、シャワースペースのみ。

クラブラウンジ

せっかくなのでラウンジで朝食を採ってみました。
 
ラウンジの中は、こんな感じです。

激混みではありませんでした。



ラウンジにいくつか飛行機の模型がありましたが、そこにある模型の航空会社が利用しているホテルなんでしょう。





ハッシュブラウンはやっぱり置いてあります。

スクランブルエッグ

ホテルに宿泊した際、必ず食べるのがスクランブルエッグ。
 
各ホテルで食べ比べを密かにしているのですが、食に関しては(原材料や産地以外)全く興味のない自分が、個人的に採点してみたいと思います。
 
香港スカイシティ マリオットホテルのスクランブルエッグは、こんな感じ。
(写真の出来は無視してください)

薄い味付けでしたが、水分も適度にありました。
 
白身の塊も適度にあって、美味しかったです。
 
3 out of 5

ミューズリー

ホテルに宿泊する際にもう一つ必ず食べるものがありますが、それがミューズリーです。
 
ホテルによっては置いていないところもありますが、それでもとりあえず聞いてみることにしています。
 
香港スカイシティ マリオットホテルのミューズリーは、こんな感じ。

ナッツとココナッツ多目で、不思議な味でしたががまずくはありませんでした。
 
3 out of 5

WiFi接続方法

Marriott_GUESTというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

続いて出てくる画面で部屋番号と名字を入力して、”Connect”をクリック(タップ)すれば接続完了です。

通信速度計測結果


上り 10.90Mbps
下り 8.77Mbps
 
とても快適に利用することができました。
 
ストレスも、全くなし。

まとめ


やはり旧マリオットホテルはそれなりな感じでした。
 
一つ問題点があって、ルームサービスはデポジットがないと使えないと言われた、と妻が文句を言っていました。
 
この辺り、ちょっとくらいフレキシブルでもいいんじゃないかなと思いましたがそれがこのホテルの方針なんでしょうかね。

今回写真撮影に利用したカメラとレンズ


カメラ :
Leica T シルバー Typ 701
 
iPhone
 
レンズ :
LEICA(ライカ) エルマリート TL f2.8/18mm ASPH. シルバー

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea