特典航空券でサウジアラビアへ行くには、どのマイレージプログラムを利用するべきか(スカイチーム編)

特典航空券でサウジアラビアへ行くには、どのマイレージプログラムを利用するべきか(スカイチーム編)

2017年、サウジアラビア政府が外国人への「観光ビザ」の発給を初めて計画していることがわかりました。
 
これまでは、サウジアラビアへ入国するにはビジネスやイスラム教聖地への巡礼などに限られていたんですが、サウジアラビアは原油輸出依存の経済構造の変革を図っていて、観光業の振興はその柱の1つとなっているため観光ビザの発給に至ったようです。
 
また、25歳以上の女性も、一人での旅ができるようになります。
 
そこで気になるのが航空券の価格。
 
日本からだとだいたい、エコノミークラスでJPY120,000くらい〜で行くことができるようです。
 
それでは、マイレージを利用して行く場合は、どの航空会社のマイレージプログラムを利用するのがお得なんでしょうか?
 
ちょっと調べてみました。
 
今回は、スカイチーム編です。
 
スターアライアンス編は、こちら。

Screenshot特典航空券でサウジアラビアへ行くには、どのマイレージプログラムを利用するべきか(スターアライアンス編)

特典航空券でサウジアラビアへ行くには、どのマイレージプログラムを利用するべきか(スターアライアンス編)

ワンワールド編は、こちらです。

Screenshot特典航空券でサウジアラビアへ行くには、どのマイレージプログラムを利用するべきか(ワンワールド編)

特典航空券でサウジアラビアへ行くには、どのマイレージプログラムを利用するべきか(ワンワールド編)

日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ワンワールドメンバーのフライトを使ってサウジアラビアへ行くには

サウジアラビアで一番大きな空港は、ジッダ(JED)です。
 
JEDへ就航しているスカイチームメンバーで日本から乗り継ぎが比較的楽なのは、
 
・ガルーダ・インドネシア航空(GA) : ジャカルタ(CGK)乗り換え
 
ですが、サウジアラビアの航空会社、サウディア(SV)もクアラルンプール(KUL)やシンガポール(SIN)から搭乗が可能です。

各航空会社毎・必要マイレージ数

マイレージを利用してサウジアラビアへ行く場合の、主な航空会社の必要マイレージ数をまとめてみました。
※出発地は日本で、往復での必要マイレージ数です

ここをタップして表示Close
マイレージプログラム エコノミークラス ビジネスクラス
Saudia
ALFURSAN
55,000(SVフライト) – 75,000(GAフライト) 130,000(SVフライト) – 150,000(GAフライト)
ANA(NH)
ANAマイレージクラブ※
70,000 110,000
アエロメヒコ航空(AM)
CLUB Premier
134,000 – 149,000 273,000 – 303,000
大韓航空(KE)
SKYPASS
70,000(SVフライト) – 80,000(GAフライト) 115,000(SVフライト) – 140,000(GAフライト)
Flying Blue 60,000 150,000
アエロフロートロシア航空(SU)
Aeroflot Bonus
115,000 180,000
チャイナエアライン(CI)
Dynasty Flyer Program
90,000 130,000
デルタ航空(DL)
Skymiles
80,000(SVフライト) – 115,000(GAフライト) 140,000(SVフライト) – 245,000(GAフライト)

※GAフライトに限ります

まとめ

まとめると、
 
・スカイチームメンバーのフライトを利用する場合は、
 
エコノミークラス / ビジネスクラス共に、GAフライトを利用したNHマイレージ
 
となりそうです。
 
NHはGAとマイレージの提携も行っていて、NHマイレージをGAフライトに利用することも可能です。
 
あとは、エコノミークラスならFlying Blue、ビジネスクラスならCIのマイレージがなかなか少ないマイレージとなりそうです。
 
もしSVに塔乗する場合は別途日本からKUL/SINまでの航空券も必要なので、大人しくNHマイレージを利用してGAフライトに塔乗した方が良さそうです。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea