エミレーツ航空(EK)の特典航空券でストップオーバーを有効活用する

エミレーツ航空(EK)の特典航空券でストップオーバーを有効活用する

2022年4月現在、エミレーツ航空(EK)のファーストクラスを特典航空券として予約できるのはEKマイレージのみです。
 
EKマイレージは実質的に、EKファーストクラスに搭乗するためだけのものになってしまっていますが、EKマイレージはストップオーバーも利用することができます。
 
その効果的な使い方を考えてみます。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

EKマイレージのストップオーバールール

EKマイレージでの特典航空券ではストップオーバーが可能ですが、予約する特典の種類によって、可能なストップオーバーの種類が異なります。
 
・フレックスプラスアワード : エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラス片道で1回、往復で2回のストップオーバーが可能
・セーバーアワード : エコノミークラスまたはビジネスクラスは往復で1回のストップオーバーが可能
 
これは、EK便を利用する場合のみ適用されます。
 
ストップオーバーはドバイで行う必要があります。
 
アテネ(ATH)やミラノ(MXP)などの以遠権フライト経由地でストップオーバーを行う場合は、必要マイレージ数が異なることがあります。
 
セーバーアワードは最も少ないマイレージ数で利用でき、フレックスプラスアワードはより多くのマイレージを必要とします。
 
状況によっては(片道旅行の場合など)、フレックスプラスでしか予約できないこともあります。
 
・ファーストクラスでは、片道か往復かにかかわらず、すべてがFlex Plusに予約されます
・ビジネスクラスでは、片道特典はフレックスプラスでの予約となり、往復特典はセーバーまたはフレックスプラスでの予約となります
・エコノミークラスでは、片道特典は自動的にフレックスプラスに、往復特典はセーバーまたはフレックスプラスでの予約となります
 
つまり、片道予約はフレックスプラス特典となるため、どのキャビンを予約しても、ストップオーバーができることを意味します。
 
必要マイレージ数は、スカイワーズのマイル計算ツールで確認できます。

ストップオーバーはどのように予約するのか

往復で予約をする場合、ストップオーバーは、オンラインで直接行えます。
 
フライト検索ページで、詳細検索:複数都市の部分をクリックして検索を行います。
 
片道予約でのストップオーバーは、電話で予約する必要があります。

まとめ

EKファーストクラスは最近、出発日の直前にならないと特典航空券向けの座席が解放されないケースが結構出てきています。
 
せっかくEKマイレージを貯めても使えなければ意味がないので、ストップオーバーも含め効率的に予約をしたいですね。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA