ヨーロッパ内でブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の長距離線機材に搭乗するには

ヨーロッパ内でブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の長距離線機材に搭乗するには

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は2021年8月現在、ヨーロッパの多くの路線でボーイング B787機材での運航を行っています。
 
運航されているのはクラブスイートではなく「お見合い座席」ですが、ヨーロッパ内をエコノミークラスと同様のシートに座らされるよりはずっとマシだと思います。
 
大きな機材で運航されている空港を紹介します。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

B787就航路線

2021年8月現在、BAがボーイング B787機材で運航している空港と曜日は、以下の通りです。

ここをタップして表示Close
空港 曜日 便名(時間)
アムステルダム(AMS) 水、木、日 BA430(8.20)
ラルナカ(LCA) 月、木 BA620(9.20)
フランクフルト(FRA) 金、日 BA904(8.20)
モスクワ(DME) 水、土 BA880(13.55)
チューリッヒ(ZRH) 水、日 BA712(9.35)
アテネ(ATH) BA636(9.50)
パリ(CDG) BA308(10.55)
ストックホルム(ARN) BA776(7.10)

長く搭乗できるのは、DME線かATH線でしょうかね。
 
ちなみに、イベリア航空(IB)では、ロンドンヒースロー(LHR)とマドリード(MAD)を結ぶ便でA350を運航しています。
 
時刻はLHRの出発時刻を示していますが、当然ながら同じ便でLHRに戻ることになります。

予約前に航空機の種類を知る

BA公式サイトでフライトを予約する際、予約手続き中に「フライトの詳細」リンクをクリックします。
 
表示されるデータの一部に、予定されている航空機の種類があります。
 
ここでそのまま、座席を決めることができます。
 
ただし、これらのフライトには注意事項があります。
 
BAのフライトを予約する際には、機材が確約されるわけではありません。
 
BAが航空機をA319に変更したとしても、フライトの変更や払い戻しの根拠がありません。
 
上記のリストのいずれかの目的地への旅行を計画している場合は、ぜひ時間帯に注目してみてください。
 
大きな機材なので、特典航空券による座席の予約も通常より容易になるはずです。

まとめ

日本航空(JL)や全日空(NH)も、本来国際線で利用していた機材を国内線に利用するケースがいくつかあるようです。
 
自分も先日、全日空(NH)のボーイング B787-8機材に搭乗してきました。

Screenshot

NH31(羽田(HND) – 伊丹(ITM)) プレミアムクラスのWiFiスピードチェック

NH31(羽田(HND) – 伊丹(ITM)) プレミアムクラスのWiFiスピードチェック

確かに国内線であれば快適かもしれませんが、あのサイズは中距離までの路線で利用されている機材で、ビジネスクラスのシートはフルフラットにはなりません。
 
あの機材で深夜便だと、ちょっと大変だと思います・・・。
 
何れにしても、BAのお見合いシートに搭乗したい方はこの機会にヨーロッパへぜひ 😉

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA