エミレーツ航空(EK)のマイレージをお得に使おう

エミレーツ航空(EK)のマイレージをお得に使おう

使いにくく貯めにくいと言われているエミレーツ航空(EK)のマイレージプログラム’Skyewards’ですが、無理やり使うとしたらまだマシな使い方ができる方面・路線を考えてみました。
 
EKマイレージを貯めている、という方は相当旅慣れている方だと思います 🙂
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。

EKフライトでのミラノ(MXP) – ニューヨーク(JFK)

mxp-jfk

必要マイレージ数

EKフライトでMXPからJFKへ行くのに必要なマイレージ数は以下の通りです(往復)。

ここをタップして表示Close
キャビンクラス 必要マイレージ数
ファースト 135,000
ビジネス 90,000

EKフライトを、普通に支払う時よりは少ないマイレージで、という意味合いです。
 
EKフライトにこだらなければ、もっと少ないマイレージ数で搭乗できる航空会社はあります^^;
 
ちなみに、このMXP – JFK路線は以遠権フライトです。
 
なのでドバイ(DXB)乗り換えではなく、直行便になります。

Screenshotファーストクラスやビジネスクラスに格安で乗るために「以遠権」「経由便」を知る

ファーストクラスやビジネスクラスに格安で乗るために「以遠権」「経由便」を知る
Screenshotエミレーツ航空(EK)の以遠権フライト#3

エミレーツ航空(EK)の以遠権フライト#3

EKフライトでの日本 – セイシェル(SEZ)

NRT-DXB-SEZ

必要マイレージ数

EKフライトでSEZへ行くのに必要なマイレージ数は以下の通りです(往復)。

ここをタップして表示Close
キャビンクラス 必要マイレージ数
ファースト 225,000
ビジネス 150,000

こちらも、EKフライトを普通に支払う時よりは少ないマイレージで、という意味合いです。
 
ビジネスクラスの150,000マイルでも、かなりの数だと思いますが・・・。

EKフライトでのシドニー(SYD) – バンコク(BKK)

SYD-BKK
こちらも、以遠権フライトになります。

Screenshotエミレーツ航空(EK)の以遠権フライト#1

エミレーツ航空(EK)の以遠権フライト#1

必要マイレージ数

EKフライトでSYDからBKKへ行くのに必要なマイレージ数は以下の通りです(往復)。

ここをタップして表示Close
キャビンクラス 必要マイレージ数
ファースト 180,000
ビジネス 120,000

こちらも、120,000マイル貯めるのが大変そうです^^;

B6フライトでのアメリカ国内線

EKはアメリカのジェットブルー航空(B6)とも提携をしています。
 
B6はアメリカ国内線を主に運航している航空会社で、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港(JFK)を拠点としています。
 
そんなB6のフライトに、片道7,500マイル~で搭乗することができます。
 
7,500マイルで搭乗できる区間は例えばボストン(BOS) – ニューアーク(EWR)とかです。
BOS-EWR
およそ200マイルの距離なので、あまりお得感はありませんね^^;
 
アメリカ国内で最大必要マイレージ数は片道17,500マイルなのですが、17,500マイルで搭乗できる区間は例えばフォートローダーデール(FLL) – サンフランシスコ(SFO)などです。
FLL-SFO
要するに、東海岸と西海岸のフライトですね。

MKフライトでのモーリシャス(MRU) – マダガスカル(TNR)

EKはモーリシャス航空(MK)とも提携をしています。
 
モーリシャス、マダガスカルがどこにあるかというと、アフリカの東側にあります。
MRU-TNR
MRU – TNR間は、往復で25,000マイルです。
 
MRUまではEKフライトで行けるのですが、日本からの必要マイル(往復)はエコノミークラスでも85,000マイルです^^;
NRT-DXB-MRU
JLのマイレージを使えば、エコノミークラスの往復で60,000マイルで行けるので、EKフライトを使う際はJLマイレージを利用した方が賢そうです。

GKフライトでの日本国内線

EKはジェットスターグループとも提携をしています。
 
ジェットスターグループの中には

  • ジェットスター航空(JQ)
  • ジェットスター・アジア航空(3K)
  • ジェットスター・ジャパン(GK)
  •  
    などがあるのですが、このGKの国内線のフライトで、片道7,000マイル~で搭乗することができます。

    片道7,000マイルで搭乗できる区間

  • 福岡(FUK) – 大阪(KIX)、成田(NRT)、名古屋(NGO)
  • 鹿児島(KOJ) – 名古屋(NGO)
  • 成田(NRT) – 大阪(KIX)、高松(TAK)、大分(OIT)、札幌(CTS)、松山(MYJ)
  • 片道10,225マイルで搭乗できる区間

  • 名古屋(NGO) – 札幌(CTS)
  • 成田(NRT) – 那覇(OKA)
  •  
    という感じです。
     
    GKは遅れが気になるところではありますが、まぁお得に使える方ではないかと思います。

    KEフライトでの韓国国内線

    EKは大韓航空(KE)とも提携をしています。
     
    そして、韓国国内のフライトが、往復エコノミークラス10,000マイル、往復ビジネスクラスが12,000マイルで搭乗できます。
     
    ソウル(ICN/GMP)からプサン(PUS)でも、チェジュ(CJU)でも同じマイレージ数です。
    ICN-CJU_PUS
    韓国国内を旅したい方にはいいかもしれません。

    まとめ

    使いづらい・貯めにくいのEKフライトですが、方面をよく見れば使い道がない訳ではなさそうです。特に、近距離。
     
    また、SPG系のホテルに宿泊するとマイレージが貯まるようなクロスリワーズを行っています。
     
    ある意味陸マイラー活動ができるわけですが、最近EKマイレージに変化がありました。
     
    結構大きな変化なんですが、それはまた改めて記事にしたいと思います。

    Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)