日本航空(JL) ボーイング B787 ファーストクラス JL107(羽田(HND) – 伊丹(ITM))のWifiスピードチェック

日本航空(JL) ボーイング B787 ファーストクラス JL107(羽田(HND) – 伊丹(ITM))のWifiスピードチェック

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の修行の一環で日本航空(JL)に搭乗しましたが、2019年にデビューしたボーイング B787に搭乗してきました。
 
今回は初めて搭乗する機材ということで、あえてファーストクラスを予約してみました。
 
JL国内線は、機内でのWiFiを無料で利用することができます。

WiFiスピードを含め、ファーストクラスのレビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

HNDの搭乗口にて

新しいボーイング機材に搭乗したのですが、ラウンジを少し早く出て窓から機材を見てみました。

B787機材も、コクピットの窓のデザインが特徴的ですね。
 
時間が来たので、機内へ乗り込みます。

今回の機材は、ボーイング B787-8です。

機材登録番号は、JA8978です。

座席

座席は、こんな感じです。

ファーストクラスの配列は2-2-2で1列だけです。
 
ちょっと足元が前より狭くなったでしょうか?
 
座席もちょっとだけ狭い氣がしままた。
 
エンタテインメントシステムのリモコンと、

座席を調整するボタンです。

ファーストクラスなので、食事ができます。
 
まずメニューから。



白ワインは、あまり甘くありませんでした^^;
 
食事はこんな感じです。

WiFi接続方法

Japan AirlinesというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。
 
「無料インターネット接続」をタップ(クリック)します。

以下の画面が出てきたら接続完了です。

通信速度計測結果


上り 46.38bps
下り 0.24Mbps
 
スムーズに利用でき、快適にインターネットができました。

まとめ

今回初めて新しいB787機材のファーストクラスに搭乗しましたが、従前の機材よりも座席・足元共に狭くなったような氣がします。
 
その分クラスJや普通席を詰め込んだのかもしれませんが、やっぱり個人的にはエアバス A350の方が好きですね。

ScreenshotJAL(JL)のエアバス A350運用開始。運用初日(2019/9/1)に搭乗してきました(JL329 羽田(HND) – 福岡(FUK) クラスJ)

JAL(JL)のエアバス A350運用開始。運用初日(2019/9/1)に搭乗してきました(JL329 羽田(HND) – 福岡(FUK) クラスJ)

次はA350のファーストクラスに搭乗したいですね 😉

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea