Hotel Review : プルマン東京田町(Pullman Tokyo Tamachi)

Hotel Review : プルマン東京田町(Pullman Tokyo Tamachi)

名古屋でセミナーを開催するのに、東京で前泊をしました。その際、2018年11月にできた
 
プルマン東京田町
 
に宿泊してきました。
 
いつもの通りWifiのスピードチェックを行います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ホテル概要

プルマン東京田町は、JR田町駅(ほぼ)直結のアコーホテルズ系列のホテルです。
 
田町駅の改札を出て、芝浦口方面へ歩いていきます。

田町からほぼ雨に濡れずに行けます。


ロビー階は、こんな感じ。


先日無理矢理アコーホテルズのゴールドメンバーになったのでアップグレードを期待したのですが、残念ながら満室とのことでアップグレードはなし。
 
代わりに、部屋の中の冷蔵庫に入っている飲み物を好きなだけ飲んで良い、と言われました。
 
また、17.00までレイトチェックアウトができるらしいです。

部屋

部屋の中は、こんな感じです。




ウェルカムドリンクとスイーツが置いてありました。


これが、無料になるミニバーの飲み物です。

アメニティキットの箱も、オシャレです。

スリッパにロゴが入っているのは、今時珍しいかも。

さすがフランスのホテル、TV5 MONDEが見れます。

部屋の中で、語ってみました。

レストラン

別の機会に泊まった際、レストランも利用しました。

プラチナメンバーは、レストランまたはラウンジで朝食を摂ることができます。


スクランブルエッグ

ホテルに宿泊した際、必ず食べるのがスクランブルエッグ。
 
各ホテルで食べ比べを密かにしているのですが、食に関しては(原材料や産地以外)全く興味のない自分が、個人的に採点してみたいと思います。
 
プルマン東京田町のスクランブルエッグは、こんな感じ。
(写真の出来は無視してください)

座席にあるメニューから選ぶことになります。

シンプルな味付けで、少しトロトロになっていました。
 
 
3 out of 5

ミューズリー

ホテルに宿泊する際にもう一つ必ず食べるものがありますが、それがミューズリーです。
 
ホテルによっては置いていないところもありますが、それでもとりあえず聞いてみることにしています。
 
プルマン東京田町のミューズリーはこんな感じです。

ちょっと粘着のあるものでしたが美味しかったです。
 
ベリーソースがかかっています。
 
 
4 out of 5

ラウンジ

プラチナメンバーになった後、ラウンジも入ってみました。

朝食の時間帯に行きましたが、メニューは少なめです。

スタッフの方に言えば色々持ってきてくれるそうです。



噂通り、人は殆どいません。

そして、誰もいなくなりました。

WiFi接続方法

PULLMANというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

表示されるページで、部屋番号と名字を入力します。

以下の画面が表示されたら、接続完了です。

通信速度計測結果


上り 22.73Mbps
下り 20.92Mbps
 
切れることもなく、画像のアップロードも非常にスムーズ。
 
数字が示す通り全く問題なく、快適に利用できました。

まとめ


新しいホテルなので設備が綺麗なのはもちろんですが、コンセントが数多くあり、仕事もしやすいと思います。
 
あれだけ静かなラウンジは久しぶりです。
 
あのラウンジに入ることができるだけでも、プラチナメンバーの特典として十分と思ってしまうほど。
 
今度はカクテルタイムに訪れてみたいと思います。
  
できたばかりなので設備が綺麗なのは当たり前なのですが、客が欲していることに対して誠実に対応するというソフト面でのサービスがとても秀逸すぎて、すっかりこのホテルのファン、ひいてはアコーホテルズのファンになってしまいました。
 
部屋のアップグレードだけがサービスではない、ということですね。
 
日本人が少ない、という点もとても良いです。
 
羽田空港(HND)からも近いし、値段があまりにも高すぎなければ乗り継ぎの宿泊としてもありだと思います。

Screenshot

アコーホテルズ上級会員資格獲得を検討するためのまとめ

アコーホテルズ上級会員資格獲得を検討するためのまとめ

アコーホテルズは、ラッフルズやスイスホテル、ソフィテルやプルマンなどの高級ラインからイビスなどのバジェットラインまで、幅広くホテルブランドを展開しています。
 
さらに、フランスのホテルらしいエレガントさ、マニュアル通りの杓子定規な対応ではない、ステキなスタッフがいます。
 
マリオットやヒルトンのステータスチャレンジでとりあえず2019年中は上級会員でいられるけど、2020年以降どうしようかと迷っているあなた、朝食無料にはなりませんが、サービスがとても素晴らしいアコーホテルズも十分に選択肢に入ってくると思いますよ! 😉

2020年以降ホテルステータスをどうするのか?

アコーホテルズを含めたホテルチェーンのステータスは基本的に1年間です。
 
 
あなたはもしかしたら、2017年・2018年のうちにホテルグループのステータスマッチ・チャレンジを行い、2020年の2月か3月くらいまで上級会員のステータス特典を享受できる立場にいらっしゃるかもしれません。
 
 
 
かくいう自分も、
 
 
・ワールドオブハイアットグローバリスト(2021年2月末まで)
 
・IHGスパイアアンバサダー(2021年12月末まで)
 
・ヒルトンダイヤモンドメンバー(特殊ルートで獲得 : 2021年2月末まで)
 
・アコーホテルズプラチナメンバー(2020年10月末まで)
 
・ランガムホテル 1865 Privilege Voyager(BAゴールドで自動付帯 : 2021年12月末まで)
 
・マリオットプラチナメンバー(マリオット・SPG統合に伴うバグで獲得 : 2020年1月末まで)
 
・ベストウェスタンダイアモンドセレクトメンバー(ステータスマッチで獲得)
 
 
というステータスを保有し、出かける方面に合わせて滞在するホテルを変えています。
 
 
 
でも、ちょっと待ってください。
 
 
 
2020年以降のホテルステータスをどうするか
 
 
ということを考えたことがありますか?
 
 
 
例えば、マリオットのプラチナエリートを維持しようと思ったら、年間50泊する必要があります。
 
 
 
50泊までしてステータスを維持する価値があるかどうか、迷っている方が多いのも事実です。
 
 
 
そこで、進んで人柱となり各ホテルの上級会員としての特典を享受したPARがファシリテーターとなり皆でホテルステータスについて語り合うイベントを開催します。
 
 
 
題して、
 
 
ホテルステータス2020年問題
 
 
 
2020年のステータスだけではなく、2021年以降のステータスについても議論をしたいと思っています。
 
 
グループコンサルティングの中では、PARが一方的に話すのではなく、
 
 
・参加者がお持ちのステータスを元にホテルに滞在した時の経験をシェアしていただき、2020年以降保有するべきホテルステータスを決定する参考とする
 
・ホテル修行をする際、お得に行うための考え方、各ホテルでお得に宿泊することができる場所をPARがシェア
 
 
という形で、双方向の対話ができるようなイベントにしたいと思っています。
 
 
ただ、せっかくなので各ホテルのステータスを効率的に獲得する方法もお伝えしたいと思います。
 
 
PARがどうやって、数あるホテルステータスを維持しているのか、気になったことはありませんか?
 
 
全て合わせたら、毎日ホテルに宿泊しているようです。
 
 
その秘密をお伝えします。
 
 
 
もう一つ、IHGホテルグループの最上級会員であるスパイアエリートメンバーに1週間で、JPY100,000以下でなり、その後半永久的にスパイアエリートを維持できる方法もお伝えします。

場所と日時ですが、
 
 
2020/3/20(祝)
18.00から20.00 : グループコンサルティング
20.00から : 引き続き同会場にて懇親会
札幌市内(残1名)
 
 
という内容で開催致します。
 
 
場所は、ホテル問題を語る場所に相応しい場所を用意します。
 
札幌会場においてはさらに、自分が最近取得したアコーホテルズプラチナメンバーとしてホテルに宿泊した体験もお話をさせていただきたいと思います。
 
 
札幌会場開催までに、
 
 
ノボテルロンドン カナリーワーフ
ソフィテルレジェント ザグランド アムステルダム
イビススタイルズ大阪難波
プルマン東京田町
・ル ロワイヤル モンソー ラッフルズ パリ
 
 
に滞在予定です。
 
 
参加費用ですが、懇親会の費用込みで
 
 
JPY19,800
 
 
にて提供させていただきます。
 
 
グループコンサルティングという性質上、大人数での開催は行いません。
 
 
札幌会場も、最大9名での開催とさせていただきます。
 
 
また、既に別会場をお申し込みいただいていて、再度札幌会場にご参加されたい、という場合は、懇親会費用JPY6,800のみにてご参加いただけるように致します。
 
お申し込みは、こちらからどうぞ!
 
https://voyageavance.global/group-consulting-janmar2020

今回写真撮影に利用したカメラとレンズ


カメラ :
Leica T シルバー Typ 701
 
iPhone
 
レンズ :
Leica Leitz ELMAR 50mm F2.8 ライカMマウント シルバー
レンズアダプタ :
LEICA T用 Mレンズアダプタ
接写リング :
ライカ Mマウント接写リング OUFRO 16469

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA