シンガポール航空(SQ)ビジネスクラスの新しいアメニティ

シンガポール航空(SQ)ビジネスクラスの新しいアメニティ

シンガポール航空(SQ)の新しいビジネスクラスのアメニティキットは「リクエスト制」になっていますが、リクエストする価値はあると思います。
 
イギリスの香水メーカー、Penhaligon’s(ペンハリガン)と共同で開発されたこのキットは、SQとって初めてのものです。
 
刷新されたSQのアメニティについて、少し調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

新しいアメニティ

もともと、新しいアメニティは2020年より前に開発が行われており、発表する準備はできていたのですが、2020年の世界的な騒ぎにより発表が遅れてしまいました。
 
一部の路線でソフトローンチを行い、現在はほとんどのフライトで導入し、無駄を省くという新しいサステナビリティの一環として、リクエストに応じて提供されています。
 
客室乗務員に「ください」と言えばもらえるスタイル。
 
そして、この製品は持ち帰ることを強く意識したものだそうです。
 
このアメニティバッグには、スマートフォンやケーブル、パスポートも入れられるサイズです。
 
エレガントなグリーンのジッパー付きバッグには、ハンドローション、リップバーム、フェイシャルミストスプレーのユニセックスな3つの製品が入っています。
 
ペンハリガンのオークグリーンのクエルクスシリーズは、シトラスとバジルにジャスミン、カルダモン、リリーとアンバーの香りとなっています。
 
「ビジネスクラスのアメニティキットを探すにあたって、私たちは競合他社が提供しているものとは違うものにしたかった」と責任者が言う通り、ペンハリガンのアメニティグッズを提供している航空会社は今まで見たことがありせん。
 
デンタルキット、カミソリ、クシは洗面所に置いてあり、アイシェードや耳栓、歯ブラシはリクエストに応じて用意しています。
 
ペンハリガンは、イギリス王室御用達の香水屋で、日本でも知る人ぞ知るブランドです。

まとめ

この記事を書いているうちに、「自分の匂い」を持ちたくなってきました。
 
以前は、エルメスの「ナイルの庭」が好きで使っていたのですが最近は全く使わなくなってしまいました。
 
この際、なかなか人が使っていないフランスの香水を手に入れたいと思います。
(妻に変な勘繰りを入れられないように、予め説明をしてから書います)
 
2022年1月フランスへ行く際、知る人ぞ知る香水を調達してきたいと思います!
 
 
実はこのSQのアメニティグッズ、先日SQに搭乗した時に貰ってきていました。
 
新品未開封のものが2つあるので、セミナーへお越しいただいたご希望の方へプレゼントしたいと思います。
 
2022年も、セミナーを開催します。
 
詳細は、こちらのページをご覧ください 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA