アエロフロート・ロシア航空(SU)のボーイング B777機、ビジネスクラスにスライドドアを採用

アエロフロート・ロシア航空(SU)のボーイング B777機、ビジネスクラスにスライドドアを採用

自分はまだ搭乗したことがない、スカイチームのアエロフロート・ロシア航空(SU)。
 
2020年2月、コリンズ・エアロスペース社製のビジネスクラスシート「ホライゾン」を搭載したA350の初号機を公開しました。

Screenshot

ビジネスクラスのシートメーカーまとめ

ビジネスクラスのシートメーカーまとめ

そして今回、SUは保有しているボーイング B777機材の座席の改装を発表しました。
(新しい機材の導入ではありません)
 
発表された「Super Diamond NG」(同じくコリンズ・エアロスペース社製)は、かなりステキなものになっているようです。
 
その座席について、少し調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

座席の特徴

新しいSUのビジネスクラスシートですが、スライド式のプライバシードア、18.5インチのIFEスクリーン、2メートルのフルフラットベッド、「高品質のジャカード張り」を実現しています。
 
ビジネスクラス28席、コンフォートクラス(プレミアムエコノミー)24席、エコノミー375席の合計427席で構成されています。
 
コンフォートクラスのシートピッチは平均96cm(エコノミーは80cm)で、すべてのキャビンにパナソニックのIFeシステム「Ex3」と機内無線LANが装備されています。
 
SUは、この新しい内装機材は
 
・ドバイ(DXB)
・ニューヨーク(JFK)
・ロサンゼルス(LAX)
・マヘ(SEZ)
・デリー(DEL)
・エレバン(EVN)
・ビシュケク(FRU)
・バクー(GYD)
・タシケント(TAS)
・ハバロフスク(KHV)
・ウラジオストク(VVO)
・ペトロパブロフスク・カムチャツキー(PCK)
 
など、人気のあるすべての国際・国内路線に就航すると発表しました。

SUの日本路線は?

では、SUの発表した「人気のある路線」に羽田(HND)路線は入っているのでしょうか?
 
2021年8月現在、シェレメチェボ(SVO)から羽田(HND)への運航は週2便、エアバス A330機材で運航されています。
 
9月以降はA350機材での運航が予定されていますが、B777機材での運航予定はありません。
 
ですが、HND発SVO乗り換えVVOというフライトで、A350とB777の最新座席を楽しむことができそうです。

これはこれで、とても面白そうです 😉

まとめ

SUは以前から氣になっていて、いつか搭乗したいと思っている航空会社です。
 
2022年1月から、スカイチーム修行が始まります。
 
今年は既に予定が入っているので来年こそ、SUを絡めたスカイチーム修行の中で、B777とA350機材両方に搭乗する計画を立てたいと思います 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA