ターキッシュエアラインズ(TK)のエアバス A350路線まとめ(2021年5月現在)

ターキッシュエアラインズ(TK)のエアバス A350路線まとめ(2021年5月現在)

先日、ターキッシュエアラインズ(TK)がエアバス A350機材を受領したとお伝えしました。

Screenshot

ターキッシュエアラインズ(TK)がエアバス A350初号機を受領

ターキッシュエアラインズ(TK)がエアバス A350初号機を受領

それから半年以上経った今、運用が始まりいくつかの都市に就航しています。
 
TKは利用する機会が多く、また、航空会社を問わず常にA350の搭乗の機会を窺っているので就航都市を調べてみました。
 
就航都市に変更があった場合、随時この記事を更新していきます。
  
​日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

TKのA350

TKは2021年5月現在5機保有していて、ビジネスクラスの座席配列は1-2-1です。

就航路線と便名はこちら

2021年5月現在、イスタンブール空港(IST)から就航予定の路線は以下の通りとなっています。

ここをタップして表示Close
路線 便名(IST発/IST行) 備考
ジャカルタ(CGK) TK56/57
パリ・シャルルドゴール(CDG) TK1821/1822
マニラ(MNL) TK84/85
サンパウロ(GRU) TK15/16
アムステルダム(AMS) TK1953/1954
ドバイ(DXB) TK760/761

まとめ

ちなみに、羽田(HND)線ではボーイング B787-9機材が利用されています。

Screenshot

Business Class Review : ターキッシュエアラインズ(TK) TK199 羽田(HND) – イスタンブール(IST) ボーイング B787-9

Business Class Review : ターキッシュエアラインズ(TK) TK199 羽田(HND) – イスタンブール(IST) ボーイング B787-9

自分はエアバスA350が大好きなんですが、特に離陸時のエンジン音が好きです。
 
この音を聞くと幸せになりますね 🙂

TKのA350の中の装備は基本的にB787-9と変わらないのですが、敢えて搭乗したいです。
 
今度の旅に、無理矢理A350路線を組み込んでみましょうかね 😛

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA