世界の「スターアライアンス空港」トップ5

世界の「スターアライアンス空港」トップ5

スターアライアンスは、世界最大のグローバルアライアンスです。
 
全世界のフライトのうち、6便に1便はスターアライアンス加盟航空会社によるものと言われています。
 
自分の中では非常に優先度が低いスターアライアンスメンバーのフライトですが、世界の空港で最もスターアライアンスメンバーが就航している空港はどこなのか、ご存知ですか?
 
トップ5を紹介します。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

スターアライアンス空港トップ5

2022年9月現在、スターアライアンスメンバーが就航している数の多い空港は以下の通りです。

5位

ミラノ・マルペンサ空港(MXP)、バルセロナ空港(BCN)、ロサンゼルス空港(LAX)で、16社が就航しています。
 
エーゲ航空(A3)(MXP, BCN)、エアカナダ(AC)、中国国際航空(CA)(MXP, BCN)、オーストリア航空(OS)、ブリュッセル航空(SN)(MXP)、クロアチア航空(OU)(BCN)、エジプト航空(MS)(MXP, BCN)、エチオピア航空(ET)(MXP, BCN)、エバー航空(BR)(MXP, LAX)、LOTポーランド航空(LO)、ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)、スカンジナヴィア航空(SK)、シンガポール航空(SQ)、スイスインターナショナルエアラインズ(LX)、TAPポルトガル航空(TP)(MXP, BCN)、ターキッシュエアラインズ(TK)、ユナイテッド航空(UA)、アシアナ航空(OZ)(BCN, LAX)、アヴィアンカ航空(AV)(BCN, LAX)、コパ航空(CM)(LAX)、全日空(NH)(LAX)

4位

ニューヨーク空港(JFK)で、18社が就航しています。
 
エアカナダ(AC)、中国国際航空(CA)、エジプト航空(MS)、エチオピア航空(ET)、エバー航空(BR)、ブリュッセル航空(SN)、LOTポーランド航空(LO)、ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)、スカンジナヴィア航空(SK)、シンガポール航空(SQ)、スイスインターナショナルエアラインズ(LX)、TAPポルトガル航空(TP)、ターキッシュエアラインズ(TK)、ユナイテッド航空(UA)、アシアナ航空(OZ)、アヴィアンカ航空(AV)、コパ航空(CM)、全日空(NH)

2位

パリ・シャルル・ド・ゴール空港(CDG)とフランクフルト空港(FRA)で、20社が就航しています。
 
エーゲ航空(A3)、エアカナダ(AC)、中国国際航空(CA)、オーストリア航空(OS)、ブリュッセル航空(SN)、クロアチア航空(OU)、エジプト航空(MS)、エチオピア航空(ET)、エバー航空(BR)、LOTポーランド航空(LO)、ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)、スカンジナヴィア航空(SK)、シンガポール航空(SQ)、スイスインターナショナルエアラインズ(LX)、ターキッシュエアラインズ(TK)、ユナイテッド航空(UA)、アシアナ航空(OZ)、全日空(NH)、エアインディア(AI)、タイ国際航空(TG)

1位

ロンドン・ヒースロー空港(LHR)で、22社が就航しています。
 
エーゲ航空(A3)、エアカナダ(AC)、中国国際航空(CA)、オーストリア航空(OS)、ブリュッセル航空(SN)、クロアチア航空(OU)、エジプト航空(MS)、エチオピア航空(ET)、エバー航空(BR)、LOTポーランド航空(LO)、ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)、スカンジナヴィア航空(SK)、シンガポール航空(SQ)、スイスインターナショナルエアラインズ(LX)、TAPポルトガル航空(TP)、ターキッシュエアラインズ(TK)、ユナイテッド航空(UA)、アシアナ航空(OZ)、アヴィアンカ航空(AV)、コパ航空(CM)、全日空(NH)、エアインディア(AI)、タイ国際航空(TG)

「本当の」スターアライアンス空港はあまりない

上の表にある空港のうち、「真の」スターアライアンス空港はあまりありません。
 
スターアライアンスメンバーの拠点空港となっているのは、FRAとJFK。
 
イスタンブール空港(IST)には他の空港よりも多くのスターアライアンス便が就航していますが、TKがその多くを占めているのでアライアンス加盟航空会社のうち8社しか就航していません。
 
スターアライアンスの加盟航空会社はコペンハーゲン(CPH)(15社)、ウィーン(VIE)(14社)、ストックホルム・アーランダ(ARN)(11社)よりも少なくなっています。
 
膨大な路線網を持つTKは、フライトの98%を担っています。

まとめ

このランキングは、需要が大きい「グローバル空港」の重要性を示しています。
 
どの空港も、大きくて重要な空港ですね。
 
国内に目を向けると、最寄りの仙台空港(SDJ)は完全な「スターアライアンス空港」。
 
2019年に国際線が就航していた時には
 
・アシアナ航空(OZ)
・タイ国際航空(TG)
・中国国際航空(CA)
・エバー航空(BR)
 
と、見事にスターアライアンスだらけ。
 
規模が小さいのはわかりますが、これだけの航空会社が就航しているのならせめてラウンジが欲しいです。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA