IHGのブランド「voco」が大阪にオープン(2023年予定)

IHGのブランド「voco」が大阪にオープン(2023年予定)

日本におけるIHGの拠点は、大阪にあります。
 
IHGが直接運営しているホテルは、日本においてはインターコンチネンタル大阪です。
(2022年7月現在)
 
そのためかどうかわかりませんが、大阪においてはIHGの様々なホテルブランドが展開されています。
 
昔からあったクラウンプラザ、インターコンチネンタル、ホリデイインに加えて、ホリデイインエクスプレスが大阪・本町にオープンしました。
 
先日宿泊してきたのですが、立地と価格のバランスが取れているホテルです。

Screenshot

Hotel Review : ホリデイイン エクスプレス 大阪シティセンター御堂筋(Holiday Inn Express Osaka City Centre Midosuji)

Hotel Review : ホリデイイン エクスプレス 大阪シティセンター御堂筋(Holiday Inn Express Osaka City Centre Midosuji)

そして2023年、新たにIHGのブランド「voco」が大阪にオープンします。
 
運営会社や時期など、調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

vocoについて

IHGブランドのvocoですが、IHGブランドの中では、「Premium」に位置するブランドです。
 
2018年にスタートした比較的新し目のブランドで、イギリスやオーストラリアなどにあります。
 
ヒルトンでいうCurio Collection、マリオットでいうACホテル/デルタホテルと同じくらいの位置付けですね。
 
分解されるコーヒーカップ、省エネ型エアレーションシャワーヘッド、バルクバスルームアメニティなど、地球を大切にすることを意味する「トレッドライト」哲学を持っているそうで、サステナビリティに敏感な宿泊客にも最適なホテルとなることを目指しています。

運営会社は?

運営会社は、NTT都市開発。
 
先日記事にしましたが、ハイアットセントリック札幌と同じ運営会社です。

Screenshot

札幌にハイアットセントリックがオープン(2024年)

札幌にハイアットセントリックがオープン(2024年)

施工は、錢高組が行うようです。

どこにできるのか

vocoは、大阪市の京町堀にオープンします。
 
四つ橋筋に面し靭公園も近く、大阪メトロ四つ橋線肥後橋駅や御堂筋線淀屋橋駅からのアクセスも良い場所です。
 
日本初進出となる「voco大阪セントラル」は、全191の客室に加え、フィットネスジム、ミーティングルームを設け、低層部に 2層吹抜けのロビー・レストランができる予定です。

まとめ

開業は、2023年夏の予定だそうです。
 
建設予定地近くにはホリデイインエクスプレスやクラウンプラザもあります。
 
大阪に「IHG村」が出来上がる日も、そう遠くはないでしょう。
 
アコー修行を行っている身としては、大阪にももう一つくらいアコーのホテルが欲しいところではありますが、それよりも福岡ですね。
 
関係者各位、福岡へぜひアコーホテルを!

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA