ヴァージン・アトランティック航空(VS)の新しい機内食メニュー

ヴァージン・アトランティック航空(VS)の新しい機内食メニュー

個人的に大好きで常に最新情報をチェックしているヴァージン・アトランティック航空(VS)ですが、2019年からラウンジ「the Clubhouse」および機内食のメニューをアイルランドの人気シェフ監修の料理へと変更します。
 
とても楽しみですね!
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

アイルランド人料理タレントとのコラボ!

VSの料理を監修するのは、アイルランドのDonal Skehan(ドナル・スケハン)という料理タレントです。
 
ヨーロッパの料理タレントといえばジェイミー・オリバーが有名ですが、このドナル・スケハンもヨーロッパでは有名なようです。
 
ドナル・スケハン監修の料理は2019年から、VSラウンジ「the Clubhouse」で出される料理とビジネスクラスの機内食を皮切りに、徐々にプレミアムエコノミークラスの機内食へも展開される予定です。
 
ちなみに、ジェイミー・オリバーのお店はシンガポールにもあって、ヴィーガンやベジタリアン向けの料理も数多く提供しています。
 
https://www.jamieoliver.com/italian/singapore/

メニューはこんな感じ

さて、気になるメニューの内容ですが、ビジネスクラスの機内食は
Aromatic Thai Vegetable Stew : タイのスパイスを利用した野菜カレー。ジャスミンライスと共に。

Charred Cod with Spicy Mango Salad & Nam Jim Dressing : 上品なタラのフィレとバスマティライス。キュウリ・マンゴーサラダと共に。

ラウンジでの料理は
 
Spiced Chorizo, Fennel & Tomato Stew
Super Green Omelette with Goats Cheese, Sun-blushed Tomatoes & Avocado
 
となっています。どれも美味しそうですね。
 
これらの機内食は、ロンドンヒースロー(LHR)発のフライトで楽しむことができます。

まとめ

有名料理人とコラボして機内食のメニューを考えるのは、今や航空会社のトレンドとなっているようです。
 
VSのライバルであるブリティッシュ・エアウェイズ(BA)はSimon Hulstoneと、シンガポール航空(SQ)はGordon Ramsayとタッグを組んでいますし、JAL(JL)もミシュラン三つ星を獲得しているシェフとコラボをしたりしています。
 
※Gordon RamsayはBAの機内安全ビデオ(2017年版)にも出演しています 🙂

ちなみに2018年のVS機内食は、Eric Lanlard監修の「Mile High Tea」というものでした。
 
自分は2019年にいくつかVSフライトがあり、Clubhouseも利用する予定があるので、これらの料理を食べるのを楽しみにしてみたいと思います 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA