オマーン・エア(WY)がワンワールド加盟を計画中

オマーン・エア(WY)がワンワールド加盟を計画中

2021年9月現在、ワンワールドには中東の航空会社が2つあります。
 
・カタール航空(QR)
・ロイヤルヨルダン航空(RJ)
 
航空会社のアライアンスは、旅をより良いものにするためのものです。
 
1つの航空会社ではなく、アライアンス加盟の複数航空会社の特典やマイレージの獲得を多くの地域で、楽しむことができるようになります。
 
先日、ワンワールドにアラスカ航空(AS)が加盟したばかりですが、今度はもう一つ、中東に新たなパートナーとなりうる航空会社が現れました。
 
それは、オマーン・エア(WY)。
 
WYのワンワールド加盟計画を少し調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

WYのワンワールド加盟はあるのか?

カタールの新聞によると、オマーン航空(WY)は、カタール航空(QR)のCEOに、申請書をまとめるにあたっての「指導」を打診したと述べています。
 
このようなプロセスには通常1年以上かかりますが、QRは現在、ワンワールドの中で非常に大きな影響力を持っています。
(QRは、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)やキャセイパシフィック航空(CX)など、ワンワールド加盟航空会社3社に直接・間接的に出資しています)
 
現時点ではまだ、加盟が確実、という訳ではなさそうです。
 
ワンワールドは、日本航空(JL)、キャセイパシフィック航空(CX)、マレーシア航空(MH)、カンタス航空(QF)など、アジア太平洋地域を非常によくカバーしています。
 
また、北米やヨーロッパにおいても、アメリカン航空(AA)、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)、イベリア航空(IB)、S7航空(S7)などがあります。
 
WYはQRのように知られている航空会社ではありませんが、ロンドン(LHR)、パリ(CDG)、バンコク(BKK)、シンガポール(SIN)などへ就航しており、いずれも素晴らしい座席、空港施設、サービスを提供しています。
 
さすが中東の航空会社、という感じですね。
 
WYは34都市に就航しており、2022年には44都市に拡大するとしています。
 
保有機は47機で、32機のジェット機を運航しています。
 
WYがワンワールドに加盟すれば、1つのアライアンスに中東の航空会社が3つ存在することになり、1つも中東の航空会社がないスターアライアンスに対して優位な地位を築くことができるでしょう。
 
ちなみに、スカイチームには
 
・サウディア(SV)
・ミドルイースト航空(ME)
 
という2つの航空会社が加盟しています。
 
中東へ行くことが結構ある自分にとってはやっぱり、ワンワールド > スカイチーム > スターアライアンスという優先順位になってしまいます。

WYの保有機材

長距離路線ではボーイング B787-8、B787-9、エアバス A330-200、-300を、短距離路線ではボーイング B737-800、B737-900、B737 MAX 8を使用しています。
 
長距離路線においてはエアバスA330-300およびボーイング B787-9でファーストクラスを提供しています。
 
WYの機内食はイスラム教の食事規定に従っていますが、中東以外の地域ではアルコールを提供しています(ただし、アルコールが禁止されている国への路線やラマダン期間中は提供していません)。

まとめ

オマーンの首都・マスカットとその周辺地域は、近くの山にある素晴らしい展望台、マスカットの美しいビーチ、素晴らしい砂漠のツアーなど、中東の人氣スポットの一つとなっています。
 
現在、WYが提携しているのはエティハド航空(EY)のみ。
 
WYがワンワールドに加盟したら、EYとの提携はどうなるんでしょうね。
 
個人的には、ロイヤルエアモロッコ(AT)のように、ワンワールド加盟後もEYと提携を続けて欲しいなぁと思っています。
 
オマーンには、ハイアットのホテルブランドの中で日本に展開されていないAlilaがあります。
 
このホテルに宿泊するため、WYに搭乗してオマーンを訪れてみたいです。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA