アラスカ航空(AS)のマイレージで、マレーシア航空(MH)のフライトが予約できるようになりました

アラスカ航空(AS)のマイレージで、マレーシア航空(MH)のフライトが予約できるようになりました

2021/3/31にアラスカ航空(AS)がワンワールド入りし、ASフライトでワンワールドメンバーのマイレージが獲得できるようになりました。
 
一方で、ASマイレージを利用してワンワールドメンバーのフライトを完全に予約できるのは、まだ先の話。
 
ワンワールド加盟以前からASと提携をしていた航空会社のフライトは予約できますが、スリランカ航空(UL)などの航空会社のフライトはまだ予約ができません。
 
先日カタール航空(QR)のフライトが、ASマイレージで予約できるようになりましたが、今度はマレーシア航空(MH)のフライトです。

Screenshot

アラスカ航空(AS)のマイレージで、カタール航空(QR)のフライトが予約できるようになりました

アラスカ航空(AS)のマイレージで、カタール航空(QR)のフライトが予約できるようになりました

早速、どんな感じなのか見てみましょう。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

全部の路線が予約できるのか?

早速いくつかのルートを調べてみましたが、2022/2/18現在、予約できる路線はまだ限定的のようです。
 
予約できる路線と必要マイレージ数(片道)の例ですが、
 
・アジア <-> アジア : 25,000マイル〜(エコノミークラス) / 65,000マイル〜(ビジネスクラス)
・アジア <-> インド : 25,000マイル(エコノミークラス) / 65,000マイル(ビジネスクラス)
・アジア <-> 南太平洋 : 40,000マイル(エコノミークラス) / 120,000マイル(ビジネスクラス)
・アジア <-> ヨーロッパ : 40,000マイル(エコノミークラス) / 120,000マイル(ビジネスクラス)
・アジア <-> 中東 : 50,000マイル(エコノミークラス) / 175,000マイル(ビジネスクラス)
 
となっています。

日本路線は?

日本の路線を調べてみましたが、東京(TYO) – クアラルンプール(KUL)の路線でMHの結果が出てきました。

ビジネスクラス片道が90,000マイル・・・。
 
JLの凄さがわかります。
 
KULでストップオーバーをして、さらにアジア内を移動、ということもできません。
 
ただ、さすが北米キャリアということで、燃油サーチャージはかかりません。
(空港諸税のみかかります)

まとめ

現時点で利用する路線は、残念ながらなさそうです。
 
この必要マイレージ数が固定なのか変動制なのかはまだわかりませんが、ASマイレージを利用してのMHフライトは利用する機会は、すぐにはなさそうです。
 
引き続き、S7航空(S7)とスリランカ航空(UL)のフライトが予約できるのを、注意して見守りたいと思います。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA