シンガポール航空(SQ)のマイレージをScoot(TR)のフライトで利用・獲得しやすくなりました

シンガポール航空(SQ)のマイレージをScoot(TR)のフライトで利用・獲得しやすくなりました

シンガポール航空(SQ)のマイレージが、グループ会社のScoot(TR)でのフライトで獲得・利用しやすくなりました。
 
最近SQマイレージをとても気にしているのですが、TRフライトでも獲得しやすくなったことでTRフライトの利用も急激に検討対象となりました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

SQマイレージ番号でログインが可能に!

TRのホームページを見ると、SQマイレージの番号でログインができるようになっています。

そして、SGD1毎に1マイル獲得できるようになっています。
 
なので、JPY80くらいで1マイル獲得となります。
 
例えば、関空(KIX)からホノルル(HNL)まで、片道JPY24,000くらいで行った場合、300マイルを獲得できます。
 
一番安い運賃でもビジネスクラス級の運賃でも、獲得できるマイレージは一律、SGD1あたり1マイル。
 
米系航空会社に倣い、支払った金額分だけマイレージを獲得できる、という、最近のマイレージ獲得方法の最先端を行っています。
 
利用する場合は、1マイルあたり約JPY1以下の価値で利用することができます。
 
こちらは引き続き、あまりお得な使い方とは言えなそうです^^;

これまでは使うに耐えなかった

以前は、PlusPerksという運賃のタイプを選択するとSQマイレージを利用できて、SQマイレージをTRのバウチャーとして利用できたんですが、いずれもお得な使い方・貯め方ではありませんでした。

Screenshotシンガポール航空(SQ)のマイレージをScoot(TR)のフライトで獲得するには

シンガポール航空(SQ)のマイレージをScoot(TR)のフライトで獲得するには
Screenshotシンガポール航空(SQ)のマイレージをScoot(TR)のフライトに利用するのはお得なのか

シンガポール航空(SQ)のマイレージをScoot(TR)のフライトに利用するのはお得なのか

なお、従前のバウチャーへも2018/5/25まで交換可能です。

まとめ

TRも機材はボーイング787-9を採用している路線が結構あり、気になっているのでいつか搭乗することになると思います。
 
また、TRはヴァージン・オーストラリア(VA)とも提携を行っているので、VAとTRの共同運航便でもVAマイレージを獲得することができます。
 
まだオーストラリアへは行ったことすらないのですが、これから先オーストラリアへいく際は必ずVAを利用しようと思っています。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)