ZIPAIR Tokyo(ZG)の乗り継ぎで入国が不要に

ZIPAIR Tokyo(ZG)の乗り継ぎで入国が不要に

日本航空(JL)が100%出資する中長距離LCCのZIPAIR Tokyo(ZG)。
 
自分はまだ搭乗したことがありませんが、ソウル(ICN)やバンコク(BKK)などの路線で運航しています。
 
JLのボーイング B787機材のおさがりで運航していますが、フラットシートもあるので夜便でもビジネスクラスなら安心して乗ることができそうです。
 

ZGはこれまで、同日の乗り継ぎをする際でも一度入国をしなければなりませんでした。
 
つまり、入国のためにPCR検査を受けたり税関を通ったりしなければならず、無駄な時間がかかっていたのですがこれが便利になります。
 
詳細をお伝えします。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

乗り継ぎが簡単になります

成田空港(NRT)でZGの国際線を同日乗り継ぎする際、日本へ入国せずに乗り継げるようになりました。
 
アジアからNRT経由で北米やハワイなどへ向かう際とその逆区間で利便性を高める狙いがあります。
 
例えば、シンガポール(SIN)からNRT乗り継ぎでホノルル(HNL)へ行くとか、ロサンゼルス(LAX)からNRTを乗り継いでバンコク(BKK)へ行くとか。
 
出発空港で目的地までの搭乗手続きを行い、受託手荷物も預けることができますが、乗継サービスを利用する際は電話で予約する必要があります。
 
この辺り、まだフルサービスキャリアとは異なり面倒ですが、LCCという立場で入国なしで乗り継ぎができるようにしたのは評価するべきところだと思います。

まとめ

日本や韓国を含めたLCCは、乗り継ぎの場合でも一度入国して改めてチェックインをしないといけないので特に今の状況だととても使いづらいのですが、別切りのフライトでも乗り継ぎカウンターまたは搭乗ゲートで搭乗券を出してくれるようになったら積極的に利用したいですね。

ICN発券を行う際に、ZGは重宝しそうです。
 
自分はまだ、国際線の乗り継ぎはCTS乗り継ぎしかしたことがありません(KE -> CX)。
 
NRT乗り継ぎは皆無、HND乗り継ぎも国内線 -> 国際線しかないのでいつかやってみたいです。
 
尾翼の”Z”のフォントが個人的には好きでないので氣になりますが、ZGでBKK -> NRT乗り継ぎ -> SIN、なんていうフライトができる日が、早く来ますように。
(乗るかどうかは別の話)

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA