デルタ航空(DL)一部路線で必要マイレージ数をこっそり改悪

デルタ航空(DL)一部路線で必要マイレージ数をこっそり改悪

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
デルタ航空(DL)がまた、改悪を行いました。
 
しかも、いつも通りの事前告知なし。
 
とりあえず、内容を紹介します。

改悪概要

今回は、スカイチームのパートナー航空会社利用時の必要マイレージ数が上がっていました。
 
何となくですが、DLもパートナー航空会社も就航している区間で、上がっているような印象です。
 
例えば、ボストン(BOS) – ロンドンヒースロー(LHR)線。

DLフライトの場合と、ヴァージン・アトランティック航空(VS)フライトの場合でだいぶ差が出ています。

不思議な例外も

ただ、もうちょっと深く見てみると不思議な現象があって、旅程に1つでもDLフライトが含まれている場合には改悪前のマイレージ数になっています。
 
例えば、LAX – TPE線。

CI直行便だと95,000マイルですが、CI + DLのフライトだと80,000マイルで済みます。
 
乗り換え便を利用してでもマイレージを少なく抑えたい、という場合には、航空会社が複数のフライトを選択しましょう。

Sweet spotは無事か?

日本に住んでいる場合、唯一といってもいい’Sweet spot’である東京 – ソウル(大韓航空(KE)利用で、エコノミークラスで片道7,500マイル、ビジネスクラスで片道15,000マイル)はどうだったんでしょうか?

無事でした。
 
よかったよかった。

PARが使おうとしていた路線があった

実は、2017年冬にイギリスへ帰省する途中ニース(NCE)へ行くのですが、NCEからイギリス・リーズ(LBA)まではDLのマイレージを利用して、KLMオランダ航空(KL)のビジネスクラスを利用しようと思っていたんです。
 
NCE – LBAまでは、片道25,000マイル。
 
3人分で、75,000マイル必要です。
 
2017年4月中に、SFC修行で国内線を2往復する分でそれで75,000マイル達成!と思っていたのですが・・・この路線も「提携航空会社」の路線です。
 
慌てて、サイトでチェックをしました。

こちらも、無事でした。
 
よかったよかった。

まとめ

DLの必要マイレージ数チャートは2015年より公開されていません。
 
なので、ある意味やりたい放題。
 
知らない間に必要マイレージ数が上がっていた、なんていうことも今後増えてくるかもしれません。
 
DLはこういうことを平気でやるので、信用なりませんよね〜。
 
特典航空券の必要マイレージ数は固定のものではなく、もはや航空券と同様流動的になってしまっています・・・。
 
ますます、DLマイレージを貯めようという気を削いでくれます^^;
 
デルタAMEXゴールドカードは本当に、スカイチーム上級会員維持のためだけの死蔵カードになるでしょう。
 
とりあえず、自分が利用しようとしていた路線は変わらずだったので、ほっとしています・・・。
 
ますます「スカイペソ」化が加速したDLマイレージ。
 
こんなDLマイレージですが、それでも使えそうな路線を無料のメールマガジンで紹介しています。
 
使い道が気になるあなた、ご登録はこちらからどうぞ。

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)