ヴァージン・オーストラリア(VA)座席アップグレードガイド

ヴァージン・オーストラリア(VA)座席アップグレードガイド

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
 
ヴァージン・オーストラリア(VA)のマイレージプログラム・Velocityは、特典航空券だけでなく座席のアップグレードにももちろん利用することができます。
 
VAの座席は多くのカテゴリに分かれていて複雑なので、それぞれの座席の概要及びお得なアップグレードの方法を紹介します。

VAのエコノミークラス概要

VAのエコノミークラスは細く運賃タイプが分かれているので、それぞれ概要を紹介します。

ここをタップして表示Close
運賃名 運賃概要 アップグレード可/不可
Go 最安値運賃 不可
Go Plus 2番目に安い運賃
Getaway 国内線・近距離国際線で適用される運賃 LAX線、AUH線以外は可
Elevate 国内線・LAX/AUH線で適用される運賃 国内線のみ可
Freedom 他の航空会社の’Flexi’に相当
Premium Saver LAX/AUH線で適用されるプレミアムエコノミークラス
Premium プレミアムエコノミークラス

またそれぞれの運賃タイプによって、必要なポイント数が変わってきます。
 
例えば、シドニー(SYD) / メルボルン(MEL) / ブリスベン(BNE)からパース(PER)へのフライトで、ビジネスクラスにアップグレードするために必要なポイント数はそれぞれ、
 
・Freedom : 9,900ポイント
・Elevate/Getaway : 30,000ポイント
 
となります。
 
また長距離路線のロサンゼルス(LAX) / アブダビ(AUH)路線の場合は、
 
・Freedom/Premium Saver : 45,000ポイント
・Premium : 25,000ポイント
 
となります。

アップグレードに関する注意点

VAのアップグレードは、 VAがオペレーティングキャリアとなっているフライトでのみ有効です。
 
提携航空会社のフライトや、VA便ではあるもののオペレーティングキャリアがエティハド航空(EY)やニュージーランド航空(NZ)などであった場合には、アップグレードはできません。
 
ただ、アップグレードが可能であった場合、リクエストをすれば即時OKとなります。
 
リクエスト後何日かしてから回答が来る訳ではないので、安心といえば安心です。
 
もちろん、特典航空券を利用してエコノミークラスを予約した場合には、アップグレードはできません。
 
また、LAX/AUHの長距離路線は、VelocityのステータスがGoldまたはPlatinumのメンバーでないとアップグレードができません。

アップグレードリクエストができる期間

予約時から出発の2時間前まで。
 
VAのウェブサイトでリクエストができます。
 
アップグレードができない場合でも、キャンセル待ちの申し込みをすることが可能です。
 
また、オーストラリア国内のVAのラウンジに入れる人であれば、ラウンジでリクエストすることも可能です。
 
この場合は、出発の2時間前から40分前まで可能です。

VAラウンジのないHobart空港(HBA)では、GoldまたはPlatinumメンバーであればチェックインカウンターでリクエストをすることができます。
 
この場合は、出発の90分前から40分前まで可能です。
HBA
 
VAのアップグレードに関して、ポイントを自分自身だけではなく他の人(家族や友達など。全く知らない人でもOK!)のために利用することができます。
 
寛容ですね。

国内線・Getaway/Elevate運賃

シドニー(SYD) – メルボルン(MEL) / ブリスベン(BNE)の間で、1区間あたり10,000ポイント
 
Gateway運賃でこのアップグレードができれば、結構お得だと思います。
 
Gateway運賃はかなり安い運賃の部類に入るので、その価格でラウンジまで使えるというのは、ありではないかと。
 
ただし、これらの都市からパース(PER)などのちょっと離れた場所へ行くのには、アップグレードはあまりお得ではありません。
 
前述のようにPERまでのフライトでアップグレードをする場合は30,000ポイント必要なのですが、ビジネスクラスの特典航空券は35,500ポイントで予約ができるからです。

国内線・Freedom運賃

シドニー(SYD) – メルボルン(MEL) / ブリスベン(BNE)の間で、1区間あたり4,900ポイント
 
Gateway/Elevateと比べて、だいぶ少ないポイントで済みます。

近距離国際線・Freedom/Getaway/Go Plus運賃

シドニー(SYD) – オークランド(AKL)/フィジー(NAN)の間で、
 
・Freedom : 9,900ポイント
・Getaway/Go Plus : 16,000ポイント
 
シドニー(SYD) – バリ島(DPS)の間で、
 
・Freedom : 14,900ポイント
・Getaway/Go Plus : 24,000ポイント

長距離国際線・Freedom/Premium Saver/Premium運賃

シドニー(SYD) – ロサンゼルス(LAX)/アブダビの間で、
 
・Premium : 25,000ポイント
・Freedom/Premium Saver : 45,000ポイント

アップグレードにはユニークなオークション制度もある

必要ポイントにあとちょっと足りないという場合、’UpgradeMe Premium Bid‘という制度もあります。
 
要はオークションのようなシステムで、アップグレードにいくらまでだったら払いますよ、と「入札」する感じです。
 
このオークションは、Velocityのステータスに関係なく誰でも入札することができます。
 
国際線長距離路線ももちろん対象です。
 
出発の26時間前まで、入札をすることができます。
 
そして、出発の24時間前までにVAが入札を受け入れるかどうかの回答をする感じです。
 
なんか、エティハド航空(EY)のシステムに似てますね。
 
EYのアップグレードオークションについては、もう一人の管理人のOllieさんが詳細を記事にされています。

Screenshotアップグレードオファーが来た!エティハド航空より快適な空の旅へのご招待

Ollie-stlye

まとめ

VAはカンタス航空(QF)をかなり意識しているので、特典航空券の必要ポイント数及びアップグレードに必要なポイント数はQFの少し下を行くくらいの数字に設定しています。
 
自分はまだオーストラリアにさえ行ったことがないのですが、オーストラリアへ行った際には必ず乗ってみたい航空会社です。
 
SYD – MELか、オーストラリアからAKLへVAを利用して行ってみたいですね。
 
そして、座席のアップグレードオークションにも入札してみたいです 🙂

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)