日本航空(JL)のマイレージをお得に使おう(国際線)

日本航空(JL)のマイレージをお得に使おう(国際線)

日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
日本航空のマイレージプログラムについては色々解説されているサイトがありますが、自分はJLマイレージ初心者なので、勉強の意味も込めてJLマイレージのお得な使い方を紹介します。
 
この他にももっとお得な使い方をご存知の方、こっそり教えてください^^;

JLフライトの日本 – ヨーロッパ

JLフライトで行くことのできるヨーロッパの都市は、

  • パリ(CDG)
  • フランクフルト(FRA)
  • ヘルシンキ(HEL)
  • ロンドン(LHR)
  •  
    です。

    必要マイレージ数

    上記都市へ行くのに必要なマイレージ数は以下の通りです(往復)。

    ここをタップして表示Close
    キャビンクラス 通常 曜日限定割引
    ファースト 160,000 120,000
    ビジネス 110,000 85,000

    曜日限定割引が適用される日に搭乗すれば、全日空(NH)の必要マイレージ数よりもお得に飛べることもありそうですね。

    JLフライトの日本 – 北米

    JLフライトで行くことのできる北米の都市は、

  • サンディエゴ(SAN)
  • サンフランシスコ(SFO)
  • シカゴ(ORD)
  • ニューヨーク(JFK)
  • バンクーバー(YVR)
  • ロサンゼルス(LAX)
  • ボストン(BOS)
  • ダラス・フォートワース(DFW)
  •  
    です。

    必要マイレージ数

    上記都市へ行くのに必要なマイレージ数は以下の通りです(往復)。

    ここをタップして表示Close
    キャビンクラス 通常 曜日限定割引
    ファースト 140,000 110,000
    ビジネス 100,000 80,000

    東海岸の(BOS)と西海岸のSFOで同じ必要マイレージ数なので、東海岸へ行った方がお得感がありそうです。

    ASフライトのアメリカ西海岸・カナダ3都市

    最近JLは、アラスカ航空(AS)とマイレージの提携を開始しました。
     
    これにより、ASフライトで
    1,000マイルまでのフライトであれば、ASのエコノミークラス15,000マイル、ビジネスクラス35,000マイルで3都市を周遊できます。
     
    しかも、乗り継ぎではなくストップオーバーで。
     
    例えば、バンクーバー(YVR)-シアトル(SEA)-ポートランド(PDX)という旅程は合計256マイルなので、それぞれの都市に24時間以上滞在して15,000/35,000マイルで旅ができます。
    YVR-SEA-PDX
    片道旅程でも間に1都市入れても同じ必要マイル数なので、より多くの都市をまわっちゃいましょう 🙂

    EKフライトの日本 – ドバイ(DXB)

    JLは、ワンワールドメンバー以外の航空会社とも独自に提携を結んでいます。
     
    上で紹介したASもそうですが、エミレーツ航空(EK)もその一つです。
     
    EKといえばドバイ。
     
    豪華な機材とサービスの良さでも有名です。

    Screenshotエミレーツ航空(EK)のファーストクラス#4

    エミレーツ航空(EK)のファーストクラス#4

    必要マイレージ数

    EKフライトでDXBへ行くのに必要なマイレージ数は以下の通りです(往復)。

    ここをタップして表示Close
    キャビンクラス 必要マイレージ数
    ファースト 100,000
    ビジネス 65,000

    さらに、DXB乗り換えのヨーロッパ方面などへも、お得に登場することができます。
     
    ローマ(FCO), ミラノ(MXP), ロンドン(LHR/LGW), マドリード(MAD)といったヨーロッパ各地から、南アフリカのヨハネスブルク(JNB)へも
     
    ・ビジネスクラス、日本からの往復100,000マイル
    ・ファーストクラス、日本からの往復155,000マイル
     
    というマイレージ数で行くことができます。
     
    JLの必要マイレージ数は距離に応じて変わるのですが、往復のマイル数が
     
    14,001 – 20,000マイル
     
    が上記必要マイレージ数にあてはまります。
     
    なので、ヨーロッパ各地と南アフリカが同じ必要マイレージ数なんですね。

    JL, PG, EKフライトの日本 – バンコク(BKK), モルジブ(MLE)周遊

    JLは、タイのリージョナルキャリア・バンコクエアウェイズ(PG)とも提携を行っています。
     
    主にバンコク(BKK)からの国内線の運航を行っているのですが、モルジブ(MLE)にも就航しています。
     
    普通にJLマイレージのみを利用してMLEに行くとしたら
     
    ・JLフライトで日本 – BKK
    ・PGフライトでBKK – MLE
     
    となり、それぞれの往復特典航空券を予約するようになると思います。
     
    それぞれの区間で必要なマイレージ数(ビジネスクラス往復)は、
     
    ・日本 – BKK : 60,000マイル(曜日限定割引)
    ・BKK – MLE : 42,000マイル
     
    となり、102,000マイル必要ですが、ちょっと工夫をして、MLEから日本に帰ってくる際のフライトをDXB乗り換えのEKフライトにすると、もうちょっとマイレージを足すだけでEKのビジネスクラスを楽しむことができます。
    NRT-BKK-MLE-DXB-NRT
    その場合の必要マイレージ数(ビジネスクラス)ですが、
     
    ・日本 – BKK片道 : 40,000マイル(曜日限定割引は適用できません)
    ・BKK – MLE片道 : 21,000マイル
    ・MLE – 日本片道 : 63,000マイル(DXB乗り換え)
     
    となり、合計124,000マイルで済むことになります。
     
    これだけの都市をビジネスクラスで、124,000マイルで移動できてしまうのはすごいですね 🙂
     
    さらに、DXBで24時間以内の滞在ができるので、フライトによってはDXBも少し楽しめるかもしれません 🙂
     
    それぞれの旅程は、一気に予約せずに別々に予約する(いわゆる「別切り」)必要がありますので、ご注意ください。
    ※補足 : EKフライトの必要マイレージ数について、Ollieさんから上記ご指摘をいただきました。
    ドバイ・EKのことはOllieに聞け!ですね。ありがとうございます 🙂

    JJフライトのニューヨーク – ブラジル

    南米のLATAMブラジル航空(JJ)もワンワールドメンバーなので、JLのマイレージを利用することができます。
     
    ニューヨーク(JFK)とブラジルのサンパウロ(GRU) / リオデジャネイロ(GIG)間の往復必要マイレージ数は以下の通りです。

    ここをタップして表示Close
    キャビンクラス 必要マイレージ数
    ファースト 100,000
    ビジネス 65,000

    先ほどの日本 – 北米の必要マイレージ数と合わせると、日本とブラジルの間を往復で最低

  • ファーストクラス : 210,000マイル
  • ビジネスクラス : 145,000マイル
  •  
    で搭乗できます。
    GRU_GIG

    S7フライトの日本 – 極東ロシア

    あなたは、S7航空(S7)という航空会社をご存知ですか?
     
    ロシアの航空会社なのですが、アエロフロート・ロシア航空(SU)の影に隠れていて存在感のない航空会社ですが、れっきとしたワンワールドメンバーです。
     
    日本にも就航していて、成田(NRT)とウラジオストク(VVO)/ハバロフスク(KHV)の間を運航しています。
     
    また、関西空港(KIX)からもVVOへの定期便が就航するようになりました。
    VVO_KHV
    S7フライトについてはキャンペーンを行っていて、エコノミークラスですが往復11,000マイルでVVO/KHVへ行くことができます。
     
    下手な国内へ行くよりも少ないマイレージ数です。
     
    何気に気になっている場所なんですが、ロシアへ行くにはビザが必要なのでちょっと面倒です^^;

    まとめ

    何となくの感覚ですが、JLマイレージは距離が長い方面だとお得なのかなという感じです。
     
    また、JLとEKフライトの相性も(今のところ)良いですね。
     
    全日空(NH)と違って片道での特典航空券予約もできるので、他のマイレージプログラムとの組み合わせで利用することが可能です。
     
    JLは不定期に必要マイレージ数の割引キャンペーンをやっていて、数多くの方面が対象となっています。
     
    こういったキャンペーンをうまく使って、3年という期限がある中うまくマイレージを使いたいですね。
    (工夫をすればこの期限も実質なくなりますが)
     
    各提携航空会社ごとの必要マイレージ数及びキャンペーンの情報は以下のURLから確認することができます。
    http://www.jal.co.jp/jalmile/use/partner_air/

    Comments

    comments

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)