アコーホテルズの新しいポイントプログラム「ALL」スイートナイトアップグレードの使い方

アコーホテルズの新しいポイントプログラム「ALL」スイートナイトアップグレードの使い方

先日、アコーホテルズのポイントプログラムが変更となる、という記事を投稿しました。

Screenshotアコーホテルズの新しいポイントプログラム「ALL(Accor Live Limitless)」

アコーホテルズの新しいポイントプログラム「ALL(Accor Live Limitless)」

そしてつい先日、新しいアプリも導入され、ALLでの運用がスタートしました。
 
2019年中にプラチナ会員となった(維持をした)場合には、スイートルームへの確約アップグレードの権利をもらえるのですが、このアップグレードについて公式ページでは以下のように書かれています。
 
https://all.accor.com/help/loyalty-membership/le-club-accorhotels/status-and-benefits/faq/suite-night-upgrades/index.en.shtml
 
ですが、これだけではわからない部分もあるのでコールセンターに電話をかけて聞いてみました。
 
その内容を少し紹介したいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

FAQに書いてある注意点

上記FAQページに書いてある事柄で、注意するべき点をいくつかピックアップします。
 
・部屋の予約は、予約センターに電話をして行い、その際にアップグレードをしたい旨を伝える必要があります
 
・アップグレードの権利は他人に譲渡はできません
 
・一つの権利でアップグレードできるのは1泊までです
 
この辺り、ハイアットのスイートアップグレード権とはだいぶ異なりますね。
 
ハイアットの場合は、他人のために自分の権利を使ってアップグレードしてあげることも可能だし、1つの権利でアップグレードできるのは最大7泊分まで。
 
ホテルチェーンによって特典の内容がだいぶ違いますね。
 
また、今のところ予約は電話で、となっていますが、近いうちにオンラインでも予約・アップグレードができるようになるでしょう。

コールセンターで確かめたこと

このFAQページだけではいまいちわからないことがあったので、電話をして聞いてみました。
(2019年12月時点での情報です)

アップグレード対象の部屋は?

予約センターで電話をする際、最初に予約するべき部屋は、
 
変更・キャンセル可能な一番安い部屋
 
だそうです。
 
つまり、変更・キャンセル不可の一番安い部屋は対象外となり、最初の予約で少し高い部屋を予約しなければいけません。

どのスイートルームにアップグレードしてもらえるのか?

アップグレードを行うと、そのホテルが持つ一番安い料金のスイートルームにアップグレードしてくれるそうです。
 
スタッフの人が「一番安い部屋」と笑いながら言ってました^^;

どのホテルブランドでアップグレードができるのか?

スイートルームへのアップグレード対象外のホテル一覧を教えてもらいました。
 
Banyan Tree
Mercure
Novotel
ibis
ibis styles
Angsana
Breakfree
Rixos
Adagio
Greet
 
そもそもスイートルーム設定がないホテルもありますが、メルキュールやバンヤンツリーが入っていませんでした。
 
逆を言うと、ラッフルズやフェアモントについてはアップグレード可能ということですね。
 
また、国全体で対象外となるところもあります。
 
以下の国々にあるアコーホテルズのホテルは、すべてアップグレード対象外です。
 
・フランス
・ギリシャ
・イタリア
・モナコ
・ポルトガル
・スペイン
 
ちなみに、アコーホテルズ内のホテルブランドの「序列」は、以下のようになっています。

実際使ってみた

残念ながらフランスでは利用することができないので、東南アジアへ行く際に利用するため
 
・SO Sofitel Singapore
 

 
・Sofitel Kuala Lumpur Damansara
 
で使うことにしました。
 
電話をして、部屋を予約します。
 
スイートルームは一番安いタイプのスイートルームになるので、それぞれ
 
・So LOFTY

・JUNIOR SUITE
 
にアップグレードしてもらいました。
 
本来の料金は
 
・So LOFTY : SGD376

・JUNIOR SUITE : EUR109.67
 
だったのに対して、バウチャーを利用すると
 
・So LOFTY : SGD310.37

・JUNIOR SUITE : EUR81.03
 
になる感じなので、実質はJPY3,000からJPY5,000くらいの割引バウチャーになるイメージです。
 
劇的なコストダウンは見込めません^^;
 
 
電話をした印象だと、日本のホテルはなかなか空いている日が少ない感じです。
 
日本で利用するのは少し難しそうですね。

まとめ

アップグレードに関する詳細は、以下のページをご覧ください。
 
https://all.accor.com/loyalty-program/legal/terms-and-conditions/pdf-snu.en.pdf
 
日本語で対応してくれる、ALLに関する問い合わせのセクションのスタッフは、残念ながら知識が乏しいと思います。
 
何かあると「予約センターに聞いてくれ」と言われて、あまり重要なことを教えてくれませんでした。
 
英語やフランス語の部署だとまた違うと思うんですが、日本の電話番号にかける場合はちょっとストレスを感じるかもしれません。
 
今回のアップグレードの内容は少し渋い氣もしますが、まぁもらえないよりはぜんぜんいいと思うので早速利用してみたいと思います。
 
 
自分はラッフルズやフェアモントと言った高級ホテルも、通常料金の25%オフで宿泊できる術を知っています。
 
その方法は、一歩先を行くシークレットセミナー2.0の中でお伝えしています。

2020年以降ホテルステータスをどうするのか?

上記の通り、ホテルのステータスは基本的に1年間です。
 
  
上級会員の資格を持っていると、上記の通りスイートルームにアップグレードしてもらったり、対応が全く変わってきたりします。

  
あなたはもしかしたら、2017年・2018年のうちにホテルグループのステータスマッチ・チャレンジを行い、2020年の2月か3月くらいまで上級会員のステータス特典を享受できる立場にいらっしゃるかもしれません。
 
 
 
かくいう自分も、
 
 
・ワールドオブハイアットグローバリスト(2021年2月末まで)
 
・IHGスパイアアンバサダー(2021年12月末まで)
 
・ヒルトンダイヤモンドメンバー(特殊ルートで獲得 : 2021年2月末まで)
 
・アコーホテルズプラチナメンバー(2020年10月末まで)
 
・ランガムホテル 1865 Privilege Voyager(BAゴールドで自動付帯 : 2021年12月末まで)
 
・マリオットプラチナメンバー(マリオット・SPG統合に伴うバグで獲得 : 2020年2月末まで)
 
・ベストウェスタンダイアモンドセレクトメンバー(ステータスマッチで獲得)
 
 
というステータスを保有し、出かける方面に合わせて滞在するホテルを変えています。
 
 
 
でも、ちょっと待ってください。
 
 
 
2020年以降のホテルステータスをどうするか
 
 
ということを考えたことがありますか?
 
 
 
例えば、マリオットのプラチナエリートを維持しようと思ったら、年間50泊する必要があります。
 
 
 
50泊までしてステータスを維持する価値があるかどうか、迷っている方が多いのも事実です。
 
 
 
そこで、進んで人柱となり各ホテルの上級会員としての特典を享受したPARがファシリテーターとなり皆でホテルステータスについて語り合うイベントを開催します。
 
 
 
題して、
 
 
ホテルステータス2020年問題
 
 
 
2020年のステータスだけではなく、2021年以降のステータスについても議論をしたいと思っています。
 
 
グループコンサルティングの中では、PARが一方的に話すのではなく、
 
 
・参加者がお持ちのステータスを元にホテルに滞在した時の経験をシェアしていただき、2020年以降保有するべきホテルステータスを決定する参考とする
 
・ホテル修行をする際、お得に行うための考え方、各ホテルでお得に宿泊することができる場所をPARがシェア
 
 
という形で、双方向の対話ができるようなイベントにしたいと思っています。
 
 
ただ、せっかくなので各ホテルのステータスを効率的に獲得する方法もお伝えしたいと思います。
 
 
PARがどうやって、数あるホテルステータスを維持しているのか、気になったことはありませんか?
 
 
全て合わせたら、毎日ホテルに宿泊しているようです。
 
 
その秘密をお伝えします。
 
 
 
もう一つ、IHGホテルグループの最上級会員であるスパイアエリートメンバーに1週間で、JPY100,000以下でなり、その後半永久的にスパイアエリートを維持できる方法もお伝えします。

場所と日時ですが、
 
 
2020/3/20(祝)
18.00から20.00 : グループコンサルティング
20.00から : 引き続き同会場にて懇親会
札幌市内
 
 
という内容で開催致します。
 
 
場所は、ホテル問題を語る場所に相応しい場所を用意します。
 
札幌会場においてはさらに、自分が最近取得したアコーホテルズプラチナメンバーとしてホテルに宿泊した体験もお話をさせていただきたいと思います。
 
 
札幌会場開催までに、
 
 
ノボテルロンドン カナリーワーフ
ソフィテルレジェント ザグランド アムステルダム
イビススタイルズ大阪難波
プルマン東京田町
・ル ロワイヤル モンソー ラッフルズ パリ
 
 
に滞在予定です。
 
 
参加費用ですが、懇親会の費用込みで
 
 
JPY19,800
 
 
にて提供させていただきます。
 
 
グループコンサルティングという性質上、大人数での開催は行いません。
 
 
札幌会場も、最大9名での開催とさせていただきます。
 
 
また、既に別会場をお申し込みいただいていて、再度札幌会場にご参加されたい、という場合は、懇親会費用JPY6,800のみにてご参加いただけるように致します。
 
お申し込みは、こちらからどうぞ!
 
https://voyageavance.global/group-consulting-janmar2020

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea