アコーホテルズの招待制ステータス「Limitlessステータス」とは?

アコーホテルズの招待制ステータス「Limitlessステータス」とは?

自分は今、アコーホテルズのダイヤモンドステータスを維持しています。
 
2020年に取得しましたが、2021年も維持する予定です。

Screenshot2021年修行計画

2021年修行計画

アコーホテルズのステータスは、(公式には)
 
・シルバー
・ゴールド
・プラチナ
・ダイヤモンド
 
というステータスがあり、2021年はステータス獲得・維持要件が緩和されています。
 
・シルバー:1,000ポイントまたは5泊
・ゴールド:3,500ポイントまたは15泊
・プラチナ:7,000ポイントまたは30泊
・ダイヤモンド:13,000ステータスポイント
 
これは、2021年に関しては獲得するステータスポイント/泊数の通常の2倍になるためです。
 
ですがアコーホテルズにはもう一つ、普段は表に出ていない招待のステータス
 
Limitless
 
というステータスがあります。
 
このステータスについて、少し調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

招待制のステータス

非公式となっている招待制のステータス「Limitless」ですが、特典としてはダイヤモンドメンバーまでの特典である
 
・メンバーレートでの予約
・ウェルカムドリンク
・ウェルカムアメニティ
・優先チェックイン/チェックアウト受付(人がいないことが多いですが)
・アーリーチェックインとレイトチェックアウト
・客室のアップグレード(基本1カテゴリ)
・48時間前までの客室保証
・エグゼクティブラウンジの利用(利用可能な場合)
・高速のプレミアムWi-Fi(利用可能な場合)
・75%のボーナスリワードポイント
・週末は無料の朝食
 
に加えて、
 
・滞在中のパーソナルアシスタント
・誰か一人にプラチナステータスをプレゼント
 
があります。
 
ただ、フェアモントのラウンジは入れないこと、フランスを含めたいくつかの国ではスイートルームへのアップグレードができないことは変わりません。
 
そして、招待制のステータスなのでどのくらい宿泊すれば招待されるかは非公開となっています。
 
IHGのロイヤルアンバサダーについてはいくつか例が出ていますが、アコーホテルズについては情報がかなり乏しいです。
 
一説によると、100,000ポイントが必要という話もありますが果たして。
 
今度、どこかのアコーホテルズ直営ホテルで聞いてみようかな。

まとめ

アコーホテルズの場合、アジアパシフィックのホテルにおいてはラウンジまたはレストランにおいて朝食が無料となるところがほとんどです。
 
そして、朝食無料になるにはプラチナステータスでOKなので、プラチナステータスで十分、とも考えられます。
 
ですが自分はヨーロッパへ行くことが多いので、ヨーロッパにおいてダイヤモンドステータスだとどのくらいスイートルームへアップグレードしてもらえるか、を実験してみたいと思っています。
 
そして、世界中のアコーホテルズでLimitlessステータスについての情報を収集したいと思います。
 
まずは今度、プルマン田町で聞いてみることにします。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea