アコーホテルズのポイント移行比率が改悪!影響を受ける航空会社は・・・

アコーホテルズのポイント移行比率が改悪!影響を受ける航空会社は・・・

最近とても気になっているアコーホテルズですが、ポイントの移行に関して改悪がありました。
 
結構痛い改悪で、自分も含めて影響が大きい人が多いかもしれません。
 
どのような改悪だったんでしょうか?
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

改悪概要

今回の改悪は、アコーホテルズのポイントをイベリア航空(IB)のマイレージへ移行する際の移行比率が2 : 1になってしまった、ということです。
 
これまでは1 : 1の割合で移行できていたので、BAのAviosを獲得したい場合にはまずIBへ移行するというのが鉄則だったのですが、この技ももう使えません。

Screenshotアコーホテルズ宿泊でブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のAviosを効果的に貯める方法

アコーホテルズ宿泊でブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のAviosを効果的に貯める方法

これで、一部の例外を除いて全て移行比率が2 : 1となってしまいました。

今後はどこの航空会社に移行するべきか

それでは、今後は貯まったアコーホテルズのポイントはどこに移行するべきなんでしょうか。
 
移行先は結構多いので、どこに移行しても大差はありません。
 
あなたが普段貯めているマイレージプログラムへ移行するのが一番良いと思います。

まとめ

自分なら、貯まったポイントはそのまま€40のバウチャーとして利用しますかね。
 
最近アコーホテルズのブランドに、Banyan TreeAngsanaCassiaが加わりました。
 
こういったリゾートホテルでバウチャーを利用し、コストを抑えるのも良いでしょう。
 
もしくは、とあるマイレージプログラムへ移行します。
 
それはどこなのか?
 
答えは、有料メールマガジンの中でお伝えしています。
 
アコーホテルズのプラチナメンバーになりたいなぁと思いつつ、コストを抑えてプラチナメンバーになる方法を考えています。
 
多分JPY150,000くらいでなることはできると思うのですが、もっと安く、もっと楽な方法がないか研究中です 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)