アラスカ航空(AS)とアメリカン航空(AA)の提携が改悪(2018/1/1から)

アラスカ航空(AS)とアメリカン航空(AA)の提携が改悪(2018/1/1から)

アラスカ航空(AS)とアメリカン航空(AA)の提携内容が、2018/1/1から変更となります。
(いわゆる改悪です)
 
これ以降、どんどん内容が悪くなり、18年以上に渡る長い提携も、いよいよ終わりを迎えるかもしれません。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。

改悪概要

改悪内容はいくつかあるのですが、主な改悪内容を一つずつみて行きましょう。

必要マイレージ数の改悪

AAフライトでのASマイレージの必要マイレージ数が多くなります。
 
例えば、日本を含むアジアから北米大陸へ行くのに、2017/12/31まではビジネスクラス片道が50,000マイルなのですが、2018/1/1予約分からは60,000マイルとなります。
 
他にも、世界の至る方面で必要マイレージ数が増加となります。
 
わずかに、北米大陸間やハワイ – 北米大陸の必要マイレージ数など5方面が減少となりますが、日本に住んでいる限りはあまり影響がないかもしれません。

上級会員特典の廃止

ASの上級会員は、AAフライトの際に優先チェックインレーンや優先搭乗ができなくなります。
 
逆にAAの上級会員も、ASフライトの際に優先チェックインレーンや優先搭乗ができなくなります。
 
ただ、座席指定については引き続き事前に可能なようです。

マイレージ加算対象のフライト削減

2018/1/1以降、AS便名のフライトではAAマイレージを獲得することができなくなります。
 
AA便名でAS運航のフライトは引き続きマイレージ獲得可能ですが、AAとの共同運航便である場合に限られます。
 
また、AA便名のアメリカ国内線フライトでは、ASマイレージを獲得することができなくなります。

まとめ

今回の変更はASにしては珍しく、事前案内がありました^^;
 
今回の変更についての詳細は、ASホームページの以下のページをご覧ください。
 
https://www.alaskaair.com/content/mileage-plan/how-to-earn-miles/airline-partners/american-airlines?lid=mileageplan:airline-partner-overview:AA
  
ここ最近、ASは提携航空会社の選別を行い続けています。
 
同じアメリカ国内の航空会社で長い間提携関係を続けてきましたが、ASはアメリカの3大航空会社に並ぼうとしているのでしょうか。
 
そのためには、AAとの提携は邪魔だと考えたんでしょうか?
 
今後も、ASの動向から目が離せませんね。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea