フィンエアー(AY)の新しい最上級ステータス

フィンエアー(AY)の新しい最上級ステータス

航空会社の上級会員のステータスは、どこもだいたい100,000ポイント(飛行マイル)を獲得すればその航空会社の最上級ステータスに到達することが多いのですが、中にはそれ以上のステータスを提供している航空会社もあります。
 
日本航空(JL)なんかも「メタル」会員というものが存在するようですが、基準は公開されていないようです。
 
そんな中、JLと同じワンワールドメンバーのフィンエアー(AY)が、最上級会員のさらに上を行くステータスのサービスを開始しました。
 
この新しいステータスを紹介したいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke)です。

新しいステータス「プラチナルモ」

今までのAY最上級ステータス会員は「プラチナ」会員でした。
 
AYプラチナ会員(= ワンワールドエメラルドメンバー)になるためには、150,000ポイントを獲得する必要があります。
 
そして、今回新しく創設されたのは、「プラチナルモ」会員。
 
資格達成のためには、
 
・レベルポイントを450,000ポイント(そのうち少なくとも350,000ポイント分はAYフライト)獲得
 
または
 
・ワンワールドメンバーのフライト150区間(そのうち少なくとも100区間はAYフライト)
 
で達成できます。
 
これはかなり大変な数字です^^;
 
プラチナルモ会員になると、長距離路線のアップグレードを年間4回してもらえるとか、Tumiのスーツケースをウェルカムギフトとしてもらえるとかがあるようです。
 
プラチナルモ会員の詳細については、こちらのAY公式ページをご覧ください。
 
https://www.finnair.com/jp/jp/finnair-plus/what-is-finnair-plus/membership-tiers/platinum-lumo

ただ、こうやってはっきりと達成基準を示してくれると、目標を立てやすいので目指す人(自分のようなマニアックな人)が出てくるかもしれません。

AYの上級会員制度

AYの上級会員になるにはただでさえ大変なんですが、プラチナルモ会員になるにはどれだけワンワールドメンバーのフライトに塔乗しなければいけないんでしょうか。

Screenshot各航空会社別・上級会員資格のまとめ(ワンワールド)

各航空会社別・上級会員資格のまとめ(ワンワールド)

上記投稿も参考になると思いますが、ちなみにNRT – HELのエコノミークラス「S」(エコノミークラスの標準的な運賃)の往復でJPY120,000くらい。
 
この往復フライトで、8,000ポイント獲得できます。
 
AYゴールド会員になるためには、10往復
 
AYプラチナ会員になるためには、20往復
 
AYプラチナルモ会員になるためには、56往復
 
をする必要があります。
 
それぞれの会員になるとレベルポイントのボーナスも獲得できるので必ずしも上記の回数フライトをしなくても良いかもしれませんが、やっぱりプラチナルモ会員達成のための数字はずば抜けて大きいです^^;

まとめ

こういった最上級の上をいくステータスを創設するということは、一定の需要があるからなんでしょうが、それにしてもAYでこのステータスを達成するのはきついですね・・・^^;
 
だいぶお金をかけないと、上級会員になるのは難しそうです。
 
ちなみにAYは少し前に、新しい機材のA350-900での運航を開始したのですが、中はこんな感じです。

これを見た瞬間、一目惚れしてしまいました。
 
白で統一された機内。
 
なんて美しいんでしょう。
 
その次の瞬間には、A350-900が就航している日本の路線と、特典航空券の空席状況を調べていました 😀
 
座席が斜めだろうがなんだろうが関係ありません。
 
とりあえずAviosを貯めて、なるべく早く搭乗することに決めました。
 
HELにあるAYラウンジも、白で統一されていてとてもオシャレな空間だったので、機内もかなり期待しています 🙂

Screenshotヘルシンキ空港(HEL) フィンエアー(AY)プレミアムラウンジのWifiスピードチェック

ヘルシンキ空港(HEL) フィンエアー(AY)プレミアムラウンジのWifiスピードチェック

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)