国有化された新生アリタリア航空(AZ)の新会社名が決定!

国有化された新生アリタリア航空(AZ)の新会社名が決定!

イタリアのアリタリア航空(AZ)が国有化され、新しい名前の下に新たなスタートを切ることになっていましたが、その名前がようやく決まりました。
 
その名は、
 
ITA(Italy Air Transport/Italia Trasporti Aereo)
 
です。
 
新生AZの名前が決まったところで、AZのこれからについて考えてみます。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

新生AZの計画

もともとAZは、2019年以前から経営不振に苦しんでいました。
 
ですが2020年の騒ぎで、国有化されて借金が棒引きとなり、ある意味救われた航空会社です。
 
現在のところ新会社としての運航は、2021年前半に開始される見込みであることが現地で報道されています。
 
また、一部で噂されていたスターアライアンスへの移籍もなく、当面はスカイチームにとどまるようです。
 
これはこれで、個人的に一安心です。
 
AZの長期計画ですが、LCC化することはなくフルサービスキャリアのまま、北米およびアジア市場の開拓に力を入れるようです。
 
南米や日本路線は既に堅調で、これからも路線は継続されるそうです。
 
アジア市場に力を入れるというのは、フィンエアー(AY)に似ていますね。
 
なお、噂されている新しい機材(ボーイング B787)の購入に関する発表は行われていません。
 
AZの機材はどれも古いものばかりなので、そろそろ新しい機材を導入しても良いのではないかと思いますが・・・なかなか難しいですかね。

まとめ

2020年10月現在、残念ながらAZは日本へは就航していません。

Screenshot日本に就航しているスカイチームメンバー(2020年10月版)

日本に就航しているスカイチームメンバー(2020年10月版)

新たな計画では、2021年3月からとなる見通しですが、どうなることやら。
 
その頃には、「ITA」という名前で空を飛んでるかもしれないですね。
 
AZは遠い昔にパリ(CDG) – ミラノリナーテ(LIN)のエコノミークラスに搭乗して以来20年くらい搭乗していないので、今のうちにAZ乗っておこうかな。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea