ボーイング B747に乗りたい!(スカイチーム編)

ボーイング B747に乗りたい!(スカイチーム編)

最近、「ジャンボ」の名前で親しまれているボーイングのB747が、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)においてはそろそろ退役が近づいているという記事を目にしました。
 
自分はまだこのB747には搭乗したことがないのですが、根強いファンがたくさんいらっしゃいます。
 
そこで、完全に世界から無くなる前に一度は搭乗しておきたい!と思い、就航している路線をまとめた記事を投稿しようと思います。
 
この記事は、随時更新していきたいと思います。
 
今日は、スカイチーム編です。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

B747ってどんな機材?

ボーイング747は1970年頃から登場し、四発エンジン機で世界初のワイドボディ機で、海外旅行の大衆化を可能にした画期的な機体です。
 
日本においては既にJAL(JL)、ANA(NH)共に退役していますが、なんと政府専用機で利用されています(2018年7月現在)。
 
ただ燃費が良くないので、現在はその役割を終えつつあります。
 
なので尚更、全退役の前に搭乗したいと思うんですね。

KLMオランダ航空(KL)

KLはファーストクラスの設定がないので、1階席の前も2階席もビジネスクラスです。
 
KLのB747は、かつて成田(NRT)にも就航していました。
 
トップページの写真は、自分が実際に搭乗した機材です(ビジネスクラスではなくエコノミークラスの搭乗でしたが)。
 
2階席がビジネスクラスで1階の一番前がファーストクラスという、ちょっと不思議な構成になっています。

就航路線

2018年7月現在、AMSからB747が就航している空港は、以下の通りです。

  • 香港(HKG)
  • ボストン(BOS)
  • ソウル仁川(ICN)
  • ナイロビ(NBO)
  • シカゴ(ORD)
  • ロサンゼルス(LAX)
  • メキシコシティ(MEX)
  • サンフランシスコ(SFO)
  • トロント(YYZ)
  • ニューヨークジョン・F・ケネディ(JFK)
  • ウィレムスタット(CUR)
  • パラマリボ(PBM)

  • その他KLのB747に関するページは、こちらの公式ページをご覧ください。
     
    https://www.klm.com/travel/jp_ja/prepare_for_travel/on_board/seating_plans/b747.htm

    大韓航空(KE)

    KEのB747も、2階席がビジネスクラスで1階の一番前がファーストクラスという、ちょっと不思議な構成になっています。
     
    その他KEのB747に関するページは、こちらの公式ページをご覧ください。
    https://www.koreanair.com/global/ja/traveling/aircraft-info/details.html?fleetCode=b747-400
    https://www.koreanair.com/global/ja/traveling/aircraft-info/details.html?fleetCode=b747-8i&rnd=7wwth

    就航路線

    2018年7月現在、ICNからB747-8iという機材が就航しています。
     
    就航している空港は、以下の通りです。

  • ホノルル(HNL)
  • フランクフルト(FRA)

  • また、金浦(GMP)からも済州(CJU)行きの路線において、B747-400が運航されています。

    おそらく、世界で一番安くB747に搭乗できる路線ではないでしょうか。

    まとめ

    スカイチームメンバーで現在も運航しているのはKLとKEのみです。
     
    KEの国内線で運航しているのは意外でしたが、敢えてこのフライトに搭乗してみるのも面白いかもしれませんね。
     
    マイレージを貯めてどこかの路線に搭乗します!

    Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

     

    無料のメールマガジンも受付中です

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)

    CAPTCHA