ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の上級会員はエアリンガス(EI)のラウンジも使えます

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の上級会員はエアリンガス(EI)のラウンジも使えます

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の修行をする際に、いつか必ず搭乗するであろうエアリンガス(EI)。
 
そのEIに搭乗する際、フライトによってはEIラウンジに入ることができるのをご存知でしたか?
 
その条件などを紹介します。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ラウンジは4つ

EIのフライトで、BA上級会員が使えるラウンジは合計4つです。
 
ただ、それぞれルールが異なっていてちょっと複雑なので、空港ごとに条件を紹介します。

ロンドンヒースロー(LHR)

LHRのEIラウンジは、ターミナル2にあります。
 
そして、BAシルバー会員とゴールド会員は、EIラウンジに入ることができます。
 
どんなに安いEIの航空券をEIサイトやオンライン予約サイトで購入しても、です。
 
BA便名でなくても構いません。
 
BAとのコードシェア便でなく、EIの単独フライトであっても大丈夫です。
 
これはだいぶ、緩いルールです。

ロンドンガトウィック(LGW)

LGWには、EIラウンジがありません。
 
ですが、BAゴールド会員がBA便名・EI運航のフライトに搭乗する限り、南ターミナルのBAラウンジを利用することができます。
 
EIサイトなどで購入したEI便名のフライトではダメです。
 
また、同伴者を招待することはできません。

ダブリン(DUB)、シャノン(SNN)

アイルランドのDUB、SNNといった空港にもEIラウンジがありますが、ここもLHR同様
 
・BAシルバー会員とゴールド会員は、
 
・どんなに安いEI単独フライトの航空券を購入しても、
 
ラウンジを利用できます。
 
ただし、行き先はLHRまたはLGWのフライトに限られます。
 
マンチェスター(MAN)行きのフライトなどでは、輝くBAの会員カードは残念ながら役に立ちません。

まとめ

なかなか条件がややこしいですが、もし上記条件に当てはまらない場合は、プライオリティ・パスを利用するとよいでしょう。
 
上記空港でプライオリティ・パスが利用できるラウンジは、
 
LHR : プラザプレミアムラウンジ
LGW : No.1ラウンジ、Grain Store Café & Bar(レストランです)
DUB : エアポートエグゼクティブラウンジ
SNN : Boruラウンジ、Burren Suite(10月中旬から5月は閉まってます)
 
となっています。
 
プライオリティ・パスは、本当に重宝しますね。
 
なんだかんだで、海外へ行くときは必ず1回は使っています。
 
いつも助かってます 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)