Business Class Review : KMLオランダ航空(KL) KL1243/エールフランス航空(AF) AF1414(アムステルダム(AMS) – パリシャルルドゴール(CDG)乗継 – チューリッヒ(ZRH))

Business Class Review : KMLオランダ航空(KL) KL1243/エールフランス航空(AF) AF1414(アムステルダム(AMS) – パリシャルルドゴール(CDG)乗継 – チューリッヒ(ZRH))

スカイチームメンバーのフライトで、アムステルダム(AMS)からチューリッヒ(ZRH)へ移動しました。
 
KLMオランダ航空(KL)のヨーロッパ内の「ビジネスクラス」のレビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

KL1243搭乗記

AMSでラウンジへ行こうと思いましたが、シェンゲン協定国内フライトのラウンジは残念ながら閉まっていました。

午前中しか開いていないようです。
 
シェンゲン協定国外向けのラウンジはちょっと遠いので、しょうがないのでそのまま搭乗ゲート付近へ行きました。
 
搭乗時間です。

座席

今回の機材は、ボーイング B737-700。

機材登録番号は、PH-BGL
 
2010年から運用されている機材です。
 
座席は、こんな感じ。


ちょっとしたお菓子が出てきました。

AFよりもおしゃれな感じです。

緑茶があったので、いただいてみました。

CDG着

1時間くらいのフライトで、CDGに着きました。
 
フライトを乗り継ぐ前に、AFのラウンジへ行きます。

CDGにて


CDGのラウンジは、AFのフラグシップラウンジです。

ScreenshotLounge Review : パリ・シャルルドゴール空港(CDG) エールフランス航空(AF)ラウンジ(ターミナル2F)

Lounge Review : パリ・シャルルドゴール空港(CDG) エールフランス航空(AF)ラウンジ(ターミナル2F)

時間が来たので、搭乗ゲートに向かいます。

AF1414搭乗記

飛行機へは、バスで移動します。

座席

今回の機材は、エンブラエル 190。

機材登録番号は、F-HBLOです。
 
2019年から運用されている、比較的新しい機材です。
 
座席は、こんな感じ。

AFでは昼便・夜便関係なくスナックと飲み物です。

ZRH着

1時間弱のフライトで、ZRHに着きました。
 
ZRHから市内への電車は結構遅くまで運行しています。
 
AM0時過ぎまで運行しているので、夜便でZRHに着いても安心ですね。
 
ただ、レストランなどは閉まっていて、ちょっとしたスーパーが少し開いているだけ。
 
夜遅いと食事の確保が難しいかもしれません。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea