コンラッド センテニアル シンガポール(Conrad Centennial Singapore)がアメリカンエキスプレスのFine Hotels & Resorts(FHR)プログラムに参加

コンラッド センテニアル シンガポール(Conrad Centennial Singapore)がアメリカンエキスプレスのFine Hotels & Resorts(FHR)プログラムに参加

アメックスプラチナカードを持っていると、Fine Hotels & Resorts (FHR)のサービスを利用することができますが、予約ができるホテルの中にシンガポールのコンラッドが加わることになりました。
 
FHRとシンガポールのコンラッドについて少し、解説したいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

FHRについて少し

Fine Hotels & Resorts (FHR)は高級ホテル優待サービスなのですが、FHRで予約できるホテルは世界中に900ヶ所以上あります。
 
日本だと、グランドハイアット東京やパークハイアット東京、コンラッド東京、ザ・リッツ・カールトン京都などが入っています。
 
FHRでホテルを予約すると優待価格で泊まれるだけでなく、以下のような特典を付けてもらうことができます。

  • 部屋のアップグレード
  • アーリーチェックイン(12:00から)
  • レイトチェックアウト(16:00まで)
  • 2名分の朝食サービス
  • Wi-Fi無料
  • ホテルのオリジナル特典
  •  
    ホテルのオリジナル特典は例えば、館内施設で使えるUSD100分のクレジット(バウチャー)なんかがあって、このバウチャーを利用して夕食を食べることもできちゃいます。
     
    とてもお得ですね。

    SINのコンラッドはこんなところです

    2018年に行ったヒルトンのステータスチャレンジで、シンガポールのコンラッドにも行っています。

    Screenshotヒルトン・ダイヤモンドステータスチャレンジ#2(コンラッド センテニアル シンガポール(Conrad Centennial Singapore))

    ヒルトン・ダイヤモンドステータスチャレンジ#2(コンラッド センテニアル シンガポール(Conrad Centennial Singapore))

    アップグレードは、スイートルームではありませんでしたが十分に広い部屋にアップグレードしてもらいました。

    まとめ

    FHRが利用できるシンガポールのホテルは他に、リッツカールトンやセントレジスがあります。
     
    マリオット系列ホテルは今のところ贔屓にはしていませんが、いつか一度は泊まってみたいと思います。
     
    その前に、ヒルトン上級会員の方が口を揃えて「コンラッド大阪はとてもいい!」と言うのでこちらへ先に宿泊してみたいですね。

    Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)

    BoardingArea