キャセイパシフィック航空(CX)が香港エクスプレス(UO)を買収

キャセイパシフィック航空(CX)が香港エクスプレス(UO)を買収

2018年の決算は黒字に転じたキャセイパシフィック航空(CX)が、更に攻める姿勢を見せました。
 
CXは香港のライバル航空会社(CXはそうは思ってないのかもですが)、香港エクスプレス(UO)を買収することを発表しました。
 
UOはもう一つの香港の航空会社・香港航空(HX)と比較的近かったので意外な感じでしたが、このニュースを少し掘り下げてみたいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

買収概要

今回、CXはUOの株式をHKD4,930,000,000(700億円くらい)で全て買収し、経営権を握ることになりました。
 
買収の理由についてですが、CXの公式発表では「UOはCXのビジネスモデルを補完するもの」としていて、今後も「香港エクスプレス」として運航を続けるようです。
 
親会社が変わったイメージですね。
 
CXの公式発表は、こちらです。
 
https://www.cathaypacific.com/dam/cx/about-us/investor-relations/announcements/en/20190327_CX_Announcement_HKE_en.pdf

マイレージはどうなるのか

UOがCX傘下になったことで、UOに搭乗した際にCXのマイレージが加算されるようになることは十分考えられます。
 
もしかしたら、Scoot(TR)みたいな感じになるかもしれませんが。

Screenshotシンガポール航空(SQ)のマイレージをScoot(TR)のフライトで利用・獲得しやすくなりました

シンガポール航空(SQ)のマイレージをScoot(TR)のフライトで利用・獲得しやすくなりました

ただ、もしそうなるとしてもシステム変更の作業が必要なので実現するとしても早くて2021年以降だとは思います。
 
CXさまは寛容だから、もしかしたらUOフライトでワンワールドのマイレージも加算されるようにしてくれちゃうかも?!
 
もしそうなったら、積極的にUOに乗ることになるかもしれません 😛
 
また、今までキャセイドラゴン航空(KA)が運航していた路線がUOと重複するので、再編されてUOで運航される、ということも十分考えられます。
 
そうなった場合、KAフライトだったらマイレージが加算されていたのにUOになって加算されなくなった、ということも考えられるのでこの点に関しては(特に該当路線をよく使う方は)注目しなければいけませんね。

まとめ

UOは香港航空(HX)と同じく中国のHNAグループという会社のグループ会社で(UOとHXのオフィス自体も目と鼻の先です)、UO路線でHXの機材が運航するなど強力な提携関係にありましたが今後この関係がどうなるのかも注目してきたいです。
(多分解消されると思いますが)
 
 
フルサービスキャリアとLCCの関係は、シンガポール航空(SQ)とScoot(TR)の関係、エミレーツ航空(EK)とflydubai(FZ)の関係に似ていますね。
 
先日日本航空(JL)も中距離向けLCCの会社を立ち上げることを発表しましたが、
 
・長距離 : フルサービスキャリア(親会社)
・中・短距離 : LCC(グループ会社)
 
という棲み分けがどんどんされていく流れになるんでしょう。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea