デルタ航空(DL)の上級会員特典が少しだけ改善

デルタ航空(DL)の上級会員特典が少しだけ改善

常に改悪ばかり行っているイメージのあるデルタ航空(DL)ですが、最近マイレージプログラムで少しだけ改善がありました。
 
恩恵を受ける上級会員はどのレベルなのか?
 
少し調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

改善概要

まずそもそもDLのプラチナメダリオン・ダイヤモンドメダリオンになるとそれぞれ以下の特典の中から選択することができます。
 
プラチナメダリオン :
・リージョナルアップグレード証書4枚
・ご友人やご家族の会員様にお贈りいただけるシルバー メダリオン会員資格のギフト
・お客様ご自身や周りの方へ、またはお選びいただいたスカイウィッシュチャリティへご利用いただける20,000ボーナスマイル
・200ドル相当のデルタ航空トラベルバウチャー
・200ドル相当のTiffany & Co.ギフトカード
 
ダイヤモンドメダリオン :
・デルタ スカイクラブ メンバーシップ オプション
・グローバルアップグレード証書およびリージョナルアップグレード証書
・ご友人やご家族の会員にお贈りいただけるゴールド メダリオン会員資格のギフト
・お客様ご自身や周りの方へ、またはお選びいただいたスカイウィッシュチャリティへご利用いただける25,000ボーナスマイル
・200ドル相当のデルタ航空トラベルバウチャー
・200ドル相当のTiffany & Co.ギフトカード
 
 
この中の、
 
アップグレード証書
 
について今回改善がありました。
 
今まで、アップグレードできるのは有償で購入した航空券に限られていましたが、これからはマイレージによる予約およびマイレージプラスキャッシュによる予約の航空券でも、アップグレードができるようになります。
 
リージョナルアップグレード証書は北米で、グローバルアップグレード証書は世界のDL便で予約することができますが、少ないマイレージでエコノミークラスを予約して、ビジネスクラスにアップグレードすれば、DLマイレージの価値が実質上がることになりますね。
 
ですが、この特典を得られるのはプラチナメダリオン以上なので、デルタアメックスゴールドカードで獲得できるゴールドメダリオンには恩恵がありません。
 
フライトでDLにお金を落とさないとダメなんです^^;

まとめ

それなりの恩恵を受けるためには、相当お金を落とさないといけないということのようです。
 
この状況でなくても、DLの上級会員になるには相当額のお金を落とさなければならずなかなか大変です。
 
日本在住である限り、スカイチームの上級会員ステータスとしてDLを選択しなくてもよいのでは・・・と思っています。
 
自分は、Flying Blueでスカイチームの上級会員ステータスを維持しています。
 
先日、175,000マイルでエールフランス航空(AF)ファーストクラスを予約しました。




搭乗記はしっかりと後でお伝えするとして、この175,000マイルという数字、分かる人には分かる少なさなんです。
 
通常、パリ(CDG)から成田(NRT)までのファーストクラスに必要なマイレージ数は、最低でも350,000マイル。
 
今回は、その半分で搭乗します。
 
どうやって予約をしたのか?
 
その方法を、3/13に京都で開催するセミナー
 
価値を最大化させるマイレージ活用術
 
の中でお伝えします。

Screenshot価値を最大化させるマイレージ活用術セミナー

価値を最大化させるマイレージ活用術セミナー

2021年3月現在、AFファーストクラスはまだ予約可能です。
 
今のうちにAFファーストクラスに搭乗する方法をお伝えするのでどうぞお楽しみに 😉

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea