ホテルの部屋まで案内してもらうサービスは好きですか?

ホテルの部屋まで案内してもらうサービスは好きですか?

ラグジュアリーホテルでは、チェックイン後、フロント係が宿泊客をホテルの部屋までエスコートするのはごく普通のことです。
 
荷物を部屋まで持ってきてくれるは確かに、荷物が多い場合には助かります。
 
ですが、部屋まで案内してもらうのは必要でしょうか?
 
少し考えてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

部屋まで案内してくれる

ホテルのスタッフが、客を部屋までエスコートすることは結構あります。
 
あるホテルチェーンの上級会員であれば、支配人やマネージャーという人がチェックインの時に来て、部屋の目の前まで案内をしてくれたりという体験はしたことがあると思います。
 
ですが、部屋の中まで案内すると言うのは、個人的にはあまり好きではありません。
 
部屋に案内される際、多くの場合、テレビの仕組み(リモコンを使う)、Wi-Fiの使い方、ミニバーの中のものが無料ではないことなど、不要な情報も含まれることがあります。
 
このような場合、チップのポリシーはどうするのが正しいのでしょうか。
 
アメリカなど、チップの習慣がある国や地域の場合、部屋まで案内してもらった場合のチップの支払いについてですが、一般的に
 
・ベルボーイに案内され、荷物を運ぶのを手伝ってもらった場合はチップを渡す
・部屋まで案内してくれるのがフロントの社員で、荷物を運ぶのを手伝ってくれない場合は、チップを渡す必要はない
 
と考えられています。
 
問題は、半ば強制的にホテルのスタッフが部屋の中まで案内をするケースです。
 
このような場合、チップを払わざるを得ません。
 
自分はまだ、アメリカなどチップの習慣がある国へは行ったことがないのでどんな感じなのかはわかりませんが、少なくともイギリス人の妻が言うには、イギリスでは
 
よっぽど素敵なサービスをしてくれた時以外は払わなくて良い
 
という感じです。
 
実際、妻がチップを支払ったのはシンガポールのアンダーズでだけです。

Screenshot

ハイアット ライフタイムグローバリストへの道#24(アンダーズ シンガポール(Andaz Singapore))

ハイアット ライフタイムグローバリストへの道#24(アンダーズ シンガポール(Andaz Singapore))

まとめ

自分は、ホテルのスタッフに案内を提案された場合や荷物を持ちます、と提案された場合、断ることが多いです。
 
エレベーターの前まできてくれるのはOKですが、その後は話が続きません^^;
(国内外問わず)
 
パークハイアット京都ではインルームチェックインがあるので、その場合は部屋の案内を聞くことになりますが、初回の滞在で不要である旨伝えれば、次回の滞在からは案内されなくなるでしょう。
 
サービスを受けてチップを支払うのがマナー、というケースもあると思います。
 
チェックインが終わって部屋に入ったら、出来るだけ早く一人になってリラックスしたいと思ってしまう自分はまだまだホテル宿泊客としては初心者でしょうかね^^;
 
あなたは、部屋まで案内してくれるサービスを受けているようにしていますか?

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA