First Class Review : エールフランス航空(AF) AF655 ドバイ(DXB) – パリ(CDG) ラ・プルミエール(La Première)

First Class Review : エールフランス航空(AF) AF655 ドバイ(DXB) – パリ(CDG) ラ・プルミエール(La Première)

今回の旅の目的の一つ、エールフランス航空(AF)ファーストクラスに搭乗しました。
 
1年ぶりの搭乗となりますが、今回は2区間搭乗します。
 
そのうちの一つ、ドバイ(DXB) – パリ(CDG)のフライトです。
 
搭乗した機材や中の様子をお伝えします。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

AF655搭乗記

バンコク(BKK)からジェッダ(JED)、アブダビ(AUH)を経て陸路からドバイ入りしました。
 
AFは、DXBのターミナル1です。



チェックインが完了すると、専属のスタッフがラウンジまで案内してくれます。

セキュリティチェックや出国審査の行列に割り込み、最優先で手続きを済ませさせてくれます。
 
ファーストクラス搭乗客は、Ahlanファーストクラスへと案内してくれます。

Screenshot

Lounge Review : ドバイ空港(DXB) Ahlan ファーストクラスラウンジ

Lounge Review : ドバイ空港(DXB) Ahlan ファーストクラスラウンジ

時間が来たので、搭乗ゲートへ向かいますが、スタッフがラウンジへお迎えに来てくれて、搭乗ゲートまで案内してくれます。
 
搭乗でどれだけ行列ができていようが、割り込んで最優先で搭乗させてくれます。

機材、中の様子

今回の機材は、ボーイング B777-300ERです。

機材番号は、F-GSQJ
 
2005年から運用されている機材です。

座席

座席は、こんな感じです。

今回も1Aでした。
 
向かい合って食事をすることができます。

AFファーストといえば、このライト。

足元の引き出しに、スリッパが入っています。

荷物も入れることができます。
 
エンタテインメントシステムのリモコンと各種電源、小物を入れるスペースが一つになっています。


奥には、ノイズキャンセリングのヘッドフォンがあります。

ファーストクラスは4席しかありませんが、自分の他に右端(1K側)に一人搭乗客がいました。
 
日本語の映画が少しと、日本語吹き替えの洋画がありました。

こちら、ウェルカムドリンクのシャンパン。

ちなみに、「(ワイン、シャンパンの)ラベルを見せてください」と言う場合は、
 
Je voudrais voir l’étiquette s’il vovs plaît.
(ジュ ヴドレ ヴォワール レチケット スィルヴプレ)
 
と言います。
(礼儀作法を意味する「エチケット」と同じ語源です)
 
参考価格は、こちら。


トイレの中はこんな感じです。

搭乗時、Flying Blueのプラチナメンバーと言うことで、客室乗務員の偉い人が挨拶に来てくれました。
 
今回は、キャプテンの挨拶はありませんでした。

機内WiFi

機内WiFiも利用できます。
 
ファーストクラス搭乗客は、無料で利用することができます。
 
今回はあまりに眠たくて利用しませんでした。

食事(VGML)


飲み物のメニューです。

前回搭乗した時とは、ワインが変わっていたような感じです。


あまりに眠たくて、着陸前に朝食をいただいただけでした。

目覚めた時、客室乗務員の方に、起こしてよいものかどうか・・・と言われましたが、結局ぐっすり眠れたので、よかったです。
 
眠っているところは、わざわざ起こさない。
 
「食事どうですか」なんて、起こさなくていいんです。
 
食事は、またいただけばいいんですから。
 
目覚めたら、ブランケットがかけられ、カーテンが閉まっていました。
 
そして、隣の席に食事の用意がされていました。
 
他の航空会社でも同様のサービスを行うところはあると思いますが、個人的にはAFのおもてなしが大好きです。

CDG着


7時間ちょっとのフライトで、CDGへ着きました。
 
7時間だと、少し寝てしまうとあっという間です。
 
CDG到着後、入国審査も行列に割り込んで、最優先で完了。
 
次のフライトまで時間があるので、ちょっと入国してパリ市内へ行きました。
 
パリ市内への送迎も、もちろん無料です。
 
「今まで搭乗したファーストクラスの中で一番どこの航空会社がよかったですか?」と聞かれたら、間違いなく「エールフランス!」と答えるでしょう。
 
自分のファーストクラス搭乗史上1番の地位は揺るぎません。
(2番は、今まで1番だったエティハド航空(EY)です)
 
ファーストクラス搭乗時の動画をどうぞ。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA