First Class Review : エールフランス航空(AF) AF995 ヨハネスブルク(JNB) – パリ(CDG) ラ・プルミエール(La Première)

First Class Review : エールフランス航空(AF) AF995 ヨハネスブルク(JNB) – パリ(CDG) ラ・プルミエール(La Première)

今回の旅の目的の一つ、以前から憧れていたエールフランス航空(AF)ファーストクラスに搭乗しました。
 
このタイミングで、念願のAFファーストクラス初搭乗。
 
搭乗した機材や中の様子をお伝えします。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

AF995搭乗記

ドバイ(DXB)からヨハネスブルク(JNB)へ来て、このAF便にちょうどよく乗り継ぐことができます。

ScreenshotFirst Class Review : エミレーツ航空(EK) EK763 ドバイ(DXB) – ヨハネスブルク(JNB)

First Class Review : エミレーツ航空(EK) EK763 ドバイ(DXB) – ヨハネスブルク(JNB)

飛行機を降りて、乗り継ぎの案内の通りに進んでいきます。

途中、検査官的な人がいてパスポートを出し、スタンプをもらいますがここでPCR検査の結果を見せろ、とは言われません。
 
乗り継ぎが日を跨ぐ場合には、制限エリアにあるこのホテルに宿泊することもできます。

プロテアホテルはマリオット系列なので、ここでマリオット修行をすることもできますね。
 
荷物チェックを行い、ラウンジへ行きます。
 
AFの招待ラウンジは、SLOWラウンジ。
 
ファーストクラス搭乗客は、VIP ROOMへと案内してくれます。

ScreenshotLounge Review : ヨハネスブルク空港(JNB) 国際線ターミナル SLOWラウンジ(ファーストクラススペース)

Lounge Review : ヨハネスブルク空港(JNB) 国際線ターミナル SLOWラウンジ(ファーストクラススペース)

時間が来たので、搭乗ゲートへ向かいます。


搭乗前、目的地で必要な書類がない、ということで一瞬焦りましたが、パリ(CDG)のラウンジでプリントアウトしてもらって書くから、と言ってこと無きを得ました。
 
ここまで来て乗れない、なんていうことは絶対に避けなければいけませんからね。

機材、中の様子

今回の機材は、ボーイング B777-300ERです。

機材番号は、F-GSQA
 
2004年から運用されている機材です。
 
ついに、AFファーストクラスに搭乗できました。

座席

座席は、こんな感じです。


ファーストクラスは4席しかありませんが、自分の他に1組のカップルが座っていました。
 
こちら、ウェルカムドリンクのシャンパン。

ちなみに、「(ワイン、シャンパンの)ラベルを見せてください」と言う場合は、
 
Je voudrais voir l’étiquette s’il vovs plaît.
(ジュ ヴドレ ヴォワール レチケット スィルヴプレ)
 
と言います。
(礼儀作法を意味する「エチケット」と同じ語源です)

参考価格は、こちら。

アメニティグッズです。


この中にマスクが入っていますが、もったいなくて開けられません^^;



真ん中座席の頭上には荷物入れがないので、開放感があります。

エンタテインメントシステムのリモコンなどは、肘掛横の扉を開けるとあります。

ヘッドフォンは、DENONでした。


日本語の映画が少しと、日本語吹き替えの洋画がありました。

機内で、新しい機内安全ビデオを見ることができました 🙂

Screenshotエールフランス航空(AF)の新しい機内安全ビデオ

エールフランス航空(AF)の新しい機内安全ビデオ

パジャマ入れも、おしゃれです。


こちらは、仕切りを上下させるためのボタン。

足元の引き出しに、スリッパが入っています。


ベッドメイキングをしてもらうと、こんな感じになります。


扉ではなくカーテンで仕切るなんて、なんておしゃれなんでしょう。

トイレにある歯ブラシも、いちいちおしゃれ。

こんなおしゃれな紙コップ、見たことあります?!


機内WiFi

機内WiFiも利用できます。
 
ファーストクラス搭乗客は、無料で利用することができます。

接続方法

AirFranceCONNECTというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。





以下の画面が表示されたら、接続完了です。

通信速度計測結果


上り 17.90Mbps
下り 7.00Mbps
 
機内WiFiとしては、とても快適に利用できました。

食事(VGML)

飲み物のメニューです。






グラスの上が斜めになっている辺りもおしゃれです。

スプーンとフォークを敢えて斜めに置くのがフランス流なんでしょうか。

予めリクエストしておいたヴィーガンミールは、こんな感じです。

JNB発だから、フランスのパンじゃ無いのであんまりだけど…と言ってました。

やっぱり、bonne dégustationと言ってました。




デザートは、フルーツとソルベでした。
 
もちろん朝食も出ますが、「乗り継ぎがあるならラウンジで食べることをお勧めします」と言われました。
 
その方が美味しいものを食べられるし、クロワッサンもJNB発だから(南アフリカのケータリングのパンだから)あんまり美味しくないよ、と言ってました^^;
 
よっぽど、パンには自信があるのでしょう。
 
クロワッサンは、確かにフランスで食べた方が絶対美味しいですからね。
 
と言うことで、今回は敢えて朝食はいただかず、ラウンジで食べることにしました。
 
代わりに、コーヒーだけいただきました。

食事を動画にまとめました。

白ワイン、シャンパン

白ワイン、シャンパンのメニューは、こんな感じです。


ソーテルヌの貴腐ワインも置いてました。

白ワインもいただいてみました。

それぞれの参考価格は、こんな感じ。

CDG着


10時間ちょっとのフライトで、CDGへ着きました。
 
搭乗時、Flying Blueのプラチナメンバーと言うことで、客室乗務員の偉い人が挨拶に来てくれました。
 
その後更に、キャプテンも挨拶に来てくれました。
 
他の航空会社ではないことです。
 
備品から食事、サービスに至るまで、「フランスの本氣」を垣間見ることができたフライトとなりました。
 
「今まで搭乗したファーストクラスの中で一番どこの航空会社がよかったですか?」と聞かれたら、間違いなく「エールフランス!」と答えるでしょう。
 
自分のファーストクラス搭乗史上1番の経験となりました。
(2番は、今まで1番だったエティハド航空(EY)です)
 
有償で搭乗するのはなかなか難しいので、この素敵すぎるファーストクラスが無くなってしまわないうちにマイレージを貯めてまた必ず搭乗したいと思います!
 
AFファーストクラスはFlying Blueゴールドメンバー以上でないとマイレージで予約ができませんが、この素敵すぎる体験をするために、Flying Blue上級会員を目指しても良いと思います。
 
Flying Blueプラチナメンバー x AFファーストクラスが、ある意味最強の組み合わせですね。
 
Flying Blueプラチナメンバーのステータスを持っている限り、これからヨーロッパへ行く時には、例えビジネスクラスだったとしてもAF一択でいいかも、と思わせるくらい素敵なフライトでした 🙂
(実際には他アライアンスの修行もあるのでそうはいきませんが・・・)

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea