Hotel Review : ヒルトン グラスゴー(Hilton Glasgow)

Hotel Review : ヒルトン グラスゴー(Hilton Glasgow)

妻の実家に帰省する前に観光で訪れたグラスゴーですが、宿泊したのは
 
ヒルトン グラスゴー
 
でした。
 
いつもの通りWifiのスピードチェックを行います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ホテル概要

ヒルトン グラスゴーは、グラスゴー空港(GLA)からタクシーで20分くらいのところにあります。
 
ロビー階は、こんな感じです。



家族4人での滞在のため用意できる部屋がない、という理由で、アップグレードはありませんでした。
 
スイートルームが空いていたかどうか聞くの忘れてしまいました^^;
 
部屋は、こんな感じです。

スリッパと歯ブラシがありませんでした。



バスルームはこんな感じです。

レストラン

ラウンジでの朝食はなぜか有料とのことだったので、ロビー階にあるレストランで朝食を撮りました。
 
色々と食べ物が用意されていました。





こちら、スコットランドの伝統料理である「ハギス」。

羊の内臓を羊の胃袋に詰めて茹でたものなんですが、自分は食べませんでした^^;

また、蜂蜜が巣ごと置いてあったのですが結構珍しいと思います。

ラウンジ

朝食は有料らしいですが、それ以外の利用は無料となるのでとりあえずラウンジにも入ってみました。

カクテルタイムで出されていた料理です。



カクテルタイムが過ぎると、人が誰もいなくなりました。

WiFi接続方法

Hilton HonorsというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

続いて表示されるページで、部屋番号と名字を入力して接続完了です。


通信速度計測結果


上り 4.32Mbps
下り 2.93Mbps
 
最初はもっさりしていましたが、そのうち問題なく快適に利用できるようになりました。

まとめ


チェックイン時のスタッフが研修生ということもあってか、チェックインはなんだかイマイチな対応でした
 
もしかしたら、研修生だったから部屋のアップグレードがなかったのかもしれませんが、真相はわかりません。
 
それでも、家族4人で過ごすにはまぁなんとかなる部屋の広さだった(ダブルベッドが二つありましたがまだスペースがありました)ので、家族での利用もできないことはないでしょう。
 
イギリスのヒルトンは、微妙なのか?
 
また今度別のヒルトンに滞在する予定があるので、もうちょっと様子を見てみようと思います。

今回写真撮影に利用したカメラとレンズ


カメラ :
Leica T シルバー Typ 701
 
iPhone
 
レンズ :
Leica Leitz ELMAR 50mm F2.8 ライカMマウント シルバー
レンズアダプタ :
LEICA T用 Mレンズアダプタ
接写リング :
ライカ Mマウント接写リング OUFRO 16469

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)