Hotel Review : ヒルトンリーズシティ ダブルスイートルーム(Hilton Leeds City Double Suite Room)

Hotel Review : ヒルトンリーズシティ ダブルスイートルーム(Hilton Leeds City Double Suite Room)

2019年のイギリス帰省で、妻の実家があるリーズの
 
ヒルトンリーズシティ
 
に滞在しました。
 
妻の実家に泊まると家族喧嘩が始まるので、帰省といっても寝る場所は親子別です^^;
 
中の様子のレビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ホテル概要

ヒルトンリーズシティは、Leeds Cityが最寄駅です。

駅から10分弱歩くと、看板が見えて来ます。

この建物は出来てから60年以上経っていて、Adda Hotelsという地元の会社が運営しているようです。

ロビーはこんな感じです。



ホテルには残念ながらラウンジはありません。



今回はポイントを利用して5泊予約したのですが、スイートルームが空いていたのでアップグレードしてもらいました。
 
13時に行った時点ではまだ部屋の用意ができていなかったので外に一度出ました。
 
その時点で、スイートルームへアップグレード可能かどうか聞いておいたのがよかったのかもしれません。

部屋

アップグレードしてもらった部屋はこんな感じです。


スイートルームとは言うものの、仕切りやドアはありません。


ミネラルウォーターは、自分が好きなハロゲートのものでした。

バスルームには、いつも通りのアメニティグッズがあります。


バスタブが付いていました。

レストラン

レストランで朝食を摂りました。


アーモンドミルクと豆乳がありました。



スクランブルエッグ

ホテルに宿泊した際、必ず食べるのがスクランブルエッグ。
 
各ホテルで食べ比べを密かにしているのですが、食に関しては(原材料や産地以外)全く興味のない自分が、個人的に採点してみたいと思います。
 
ヒルトンリーズシティのスクランブルエッグは、こんな感じ。
(写真の出来は無視してください)

見た目とは裏腹に美味しかったです。
 
ほんのり甘く、味付けが自分好みでした。
 
 
4 out of 5

ミューズリー

ホテルに宿泊する際にもう一つ必ず食べるものがありますが、それがミューズリーです。
 
ホテルによっては置いていないところもありますが、それでもとりあえず聞いてみることにしています。
 
ヒルトンリーズシティには残念ながらミューズリーはありませんでした。

WiFi接続方法

Hilton HonorsというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

受付で教えてもらったコードを入力します。

以下の画面が表示されれば、接続完了です。

通信速度計測結果


上り 4.92Mbps
下り 2.89Mbps
 
問題なく利用できました。

まとめ


設備は古かったのですが綺麗にしてあると思いました。
 
ただ、食事はちょっと残念ですね。
 
品揃えが多くないので、5泊すると飽きてしまいます^^;
 
あと、コーヒーも美味しくなかったので飲む場合はちょっと我慢して飲むか、何かを混ぜて無理やり飲まないといけないと思います^^;
 
また、このホテルは12/24の午後から12/26まで休館日となるのでそもそも宿泊ができなくなります。
 
12/24にチェックアウトをする場合は強制的に12.00まで、となるのでご注意ください。
 
自分たちがまさにそうで、12時には追い出されてしまったのでちょっと大変な思いをしました^^;

今回写真撮影に利用したカメラとレンズ


カメラ :
Leica T シルバー Typ 701
 
iPhone
 
レンズ :
LEICA(ライカ) エルマリート TL f2.8/18mm ASPH. シルバー

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea