エールフランス航空(AF)ファーストクラスを有償アップグレードするといくらかかるのか

エールフランス航空(AF)ファーストクラスを有償アップグレードするといくらかかるのか

エールフランス航空(AF)のファーストクラス、「ラ・プルミエール」は、本当に素晴らしいサービスです。
 
ボーイング B777-300ER機材の主要路線でのみ利用可能です。
 
機内は1-2-1の配列で4席のみ、各席は床から天井までのカーテンで囲まれています。
 
個人的には、AFのファーストクラスは、世界でNo. 1のファーストクラスだと思っています。
 
中東キャリアのギラギラした感じは一切ありません。
 
ただ、ファーストクラスを実際に予約するとなると、とてもコストがかかります。
 
そんな中で、少しでもコストを抑えて搭乗できる可能性があるのが、当日アップグレード。
 
今日はその方法を少し紹介したいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

当日アップグレードを考える

AFのマイレージプログラム、Flying Blueのゴールドメンバーとプラチナメンバーのみがマイレージを利用してファーストクラス予約が可能で、成田(NRT)からパリシャルル・ド・ゴール(CDG)まで必要なマイレージ数は最低350,000マイルです。
 
上記の制限がありますが、通常の会員であってもAFのファーストクラスに搭乗したい場合、航空券を購入した後チェックイン時あるいはその少し前にファーストクラスのアップグレードできる可能性があります。
 
例えば、CDGまでAFのビジネスクラスを予約した後、チェックインの案内メールの中にアップグレードのオファーが入っていることがあります。
 
ただ、アップグレードも通常USD2,000以上かかるようです。
 
アップグレードの手続きをすると、すぐに座席の選択もできるようになります。

ファーストクラスへのアップグレードは価値があるのか

AFのビジネスクラスでも十分ですが、ファーストクラスへのアップグレードにUSD2,000以上支払う価値があるのでしょうか。
 
AFのファーストクラスをコストを抑えて体験する、という意味では、ありかもしれません。
 
ただ、その場合はパリ発にすることをお勧めします。
 
そして、NRT行だけではなく様々な路線の利用を検討するべきでしょう。
 
ただ、ニューヨーク(JFK)とかロサンゼルス(LAX)とかだと、人氣路線過ぎてアップグレードオファーは利用できない可能性が高いです。
(JFK線は距離が短く7時間くらいのフライトですが、アップグレードにかかるコストはNRT線よりは少ないはずです)
 
そのため、自分が搭乗したヨハネスブルク(JNB)線での搭乗も選択肢に入ってくると思います。

まとめ

アップグレードは決して安いものではありませんが、もしあなたが世界最高のファーストクラスを経験したいのなら、少なくともこのオプションを意識する価値はあると思います。
 
自分も、AFファーストクラスはもう一度搭乗したいと思っています。
 
前回搭乗した時はJNB発CDG乗継で、ファーストクラスラウンジが空いておらずビジネスクラスラウンジの一部がファーストクラス搭乗客向けに解放されていたので、CDGファーストクラスラウンジにはまだ入ったことがありません。
 
今度こそ、CDG発の予約でフルのファーストクラスサービスを受けてみたいと思います!

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA