ヒルトンのライフタイムダイヤモンドステータスを獲得するには

ヒルトンのライフタイムダイヤモンドステータスを獲得するには

以前、ステータスのバラマキを行っているヒルトンのダイヤモンドステータスについて、維持する価値があるかどうかを投稿しました。

Screenshotヒルトンのダイヤモンドステータスは獲得・維持する価値のあるものなのか?

ヒルトンのダイヤモンドステータスは獲得・維持する価値のあるものなのか?

今はどのホテルチェーンも、上級会員のステータスを獲得・維持しやすくしているのでその価値が更に薄まっている感じですが、もともとヒルトンはライフタイムのダイヤモンドステータスの制度を持っています。
 
ライフタイムダイヤモンドのステータスを獲得するためにはどうしたら良いのか、どのような特典があるのか、少し調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ヒルトンのライフタイムダイヤモンドステータス概要

ヒルトン・オナーズにはシルバー、ゴールド、ダイヤモンドの3つのレベルがありますが、ライフタイムのステータスはダイヤモンドのみが提供されており、ライフタイム・シルバーやゴールドのステータスを獲得する方法はありません。
 
ライフタイムステータスは2015年に導入されたばかりで、まだ比較的歴史は新しいものとなっています。
 
ヒルトンオナーズの生涯ダイヤモンドステータスを獲得するためには、
 
・ダイヤモンド・ステータスを10年間維持していること(年数は連続している必要はありません)
・ヒルトンオナーズプログラムに入会してから合計1,000泊以上(有料または特典のいずれか)宿泊しているか、または2,000,000ポイント以上のベースポイントを貯めていること
 
の条件が必要です。
 
10年間ダイヤモンドのステータスを取得し、その後、他の2つの要件のうちの1つを満たす必要があります。

ヒルトン・オナーズのダイヤモンド・ステータスには通常年間60泊のエリート・ナイトが必要なので、1,000泊するためには通算16年以上ダイヤモンド・ステータスを維持していることになります。
 
ヒルトン・オナーズ会員は、基本的にUSD1ドルにつき10ベースポイントを獲得することができます。
 
つまり、200万ベースポイントを獲得することは、USD200,000に相当します。
 
JPY20,000,000以上利用しなければいけないことになり、これはハイアットのライフタイムグローバリストステータス獲得と同じ基準になります。
 
ヒルトン・オナーズ・ダイアモンド・ステータスはヒルトンの最上級ステータスで、
 
・空室状況に応じた客室のアップグレード
・無料の朝食および/またはエグゼクティブラウンジの利用
・ボーナスポイント
・プレミアムインターネット
 
などの特典が含まれています。

まとめ

ヒルトンにJPY20,000,000以上落とす価値があるかというと・・・個人的には微妙です^^;
 
ハイアットと比べると、1,000泊という条件が追加されているので少し厳しめで、コンラッドやLXRなど一部のブランドを除いてどこも同じような内装・アメニティなので、あまりワクワク感がありません。
 
加えて、ライフタイムであろうが単年であろうがダイヤモンドステータスに変わりはないので、サービスに差が出てくるとは思えません。
(特定のホテルに数多く宿泊していれば、そのホテルにおいては優遇されるでしょうが・・・)
 
であるならば、ポイントの価値が高いハイアットのライフタイムステータスを目指した方が良いと思うのですが、あなたはどう思いますか?

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea