JAL(JL)の都道府県スタンプを1日3枚獲得するには

JAL(JL)の都道府県スタンプを1日3枚獲得するには

ライフワークとして行っているブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の修行ですが、日本航空(JL)に搭乗しての修行はとても有効です。
 
JLに搭乗する際の楽しみの一つとして、アプリ「JAL FLIGHT FUN!」をインストールしておくと、もらうことのできる客室乗務員ゆかりの都道府県のデジタルスタンプがあります。
 
2019年11月にサービス開始となり、一時中断していましたが、2020年11月より再開となりました。
 
以前展開されていた都道府県シールはあと1県、香川県を残して無念のキャンペーン終了。
 
ということで今回のスタンプは是が非でもコンプリートしたいところです。
 
やや出遅れた感はありますが2020/12/23現在、26枚獲得しています。

そこで、ここから巻き返しを行うべく1日により多くのスタンプを獲得できる方法を考えてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

スタンプ獲得のルール

都道府県スタンプですが、JLに搭乗して客室乗務員の方が持っているQRコードをアプリで読み取れば獲得することができます。
 
ですが一つ、重要な条件があります。
 
JLのサイトを見ると、

スタンプは1フライトにつき1つまで(複数スタンプの取得は6時間以上の間隔が必要)とさせていただいております。

と書いてあります。
 
つまり、スタンプを1回もらうと次にもらえるのは6時間後。
 
1日は24時間なので、理論的には24 / 6 = 4枚もらえそうですが、JLの時刻表上物理的に不可能です。
 
発着数が一番多い羽田空港(HND)でも、
 
・最始発 : HND – FUK(JL303, 6.15HND発)
・最終着 : OKA/CTS – HND(JL922/JL530, 23.00HND着)
 
となり、24時間になりません。
(As of 23DEC20)
 
そうすると、時間的に1日3枚が限界なんですね。
(裏技などは利用せず、正攻法で獲得する場合のお話です)
 
さらに、スタンプを3回もらうためには、6時間経過する頃のフライトに搭乗しなければいけないので、少し戦略的に考える必要があります。

1日に3枚もらうには

ではどうすればスタンプを1日に3枚もらえるかですが、例えばHND発着だったとすると、最速で
 
1. 6.15発のJL303に搭乗してすぐにスタンプ獲得
2. 12.15頃に搭乗してスタンプ獲得
3. 18.15頃に搭乗してスタンプ獲得
 
となり、最遅だと
 
1. 11.00頃に搭乗してスタンプ獲得
2. 17.00頃に搭乗してスタンプ獲得
3. 20.50発のJL922に搭乗して到着時にスタンプ獲得
 
という感じにすると1日に3枚獲得できます。
 
つまり、
 

・6.15 – 11.00の間に1枚目
・12.15 – 17.00の間に2枚目
・18.15 – 23.00の間に3枚目

  
をもらうようなフライトを計画しなければいけない、ということになります。
 
計画を立てやすいのは、やっぱり基幹路線ですね。
 
HND – ITMの往復であれば1日8区間搭乗することも可能なのでその間に3枚獲得してHND / ITMに帰ってくることもできるでしょう。
 
今は欠航が多いので8区間搭乗は難しいかもしれませんが、3枚獲得するのはそんなに難しいことではなさそうです。
 
最低のフライト数(3つ)で済ませたいと言うことであれば、例えば
 
・6.15 – 11.00の間にHND – ITM
・12.15 – 17.00の間にITM – OKA
・18.15 – 23.00の間にOKA – HND
 
のフライトにすれば、あまり苦労することなく3枚獲得することができるでしょう。

出発地と終着地が異なってもいいと言うことであればもっと楽だと思います。

1日3枚もらうためのルート(SDJ発着)

自分は最寄り空港が仙台空港(SDJ)なので、基幹路線のように頻繁にJLの運航があるわけではありません。
 
そのため、少しルートを考えなければいけません。
 
しかも、我が家は妻的な制約があり、スタンプをもらうためだけにどこかに1泊することは決して許されません。
 
1日で完結して家に帰ってこなければいけないのです。
 
2020年12月現在、SDJからJLが運航している路線は、
 
・新千歳(CTS)
・伊丹(ITM)
・福岡(FUK)
 
です。
 
一番早いフライトはITM行きのJL2200(7.35SDJ発)で、一番遅くSDJにつくフライトはJL2215(20.55SDJ着)のフライトです。
(21.00SDJ着のJL2910(CTS – SDJ)は運休中)
 
1枚目をJL2200の機内で、3枚目をJL2215の機内でもらえば、間の2枚目を獲得するフライトを考えれば条件的には満たすことができそうです。
 
どうせなら、ということで、1日に出来るだけ多くのフライトをこなし、BA修行も最大限行った上で1日3枚スタンプを獲得できるようなルートを考えてみました。
 
今は毎日運航しない時間帯のフライトもあるのですが、SDJ発着で1日3枚スタンプを獲得して帰ってこれるルートの例です。

ここをタップして表示Close
便名 出発時間 到着時間
JL2200
(SDJ – ITM)
7.35 9.00
JL2373
ITM – NGS
9.40 11.00
JL610
(NGS – HND)
12.40 14.10
JL157
HND – MSJ
14.45 16.10
JL2164
MSJ – ITM
16.45 18.30
JL2215
ITM – SDJ
19.40 20.55

太字のフライトでスタンプをもらえば、めでたく3枚獲得となります。
 
ただの往復ではなく、できるだけ重複のないルートです。

特に1枚目は、機内に入ったらすぐにもらえるように優先搭乗の1番目に乗るなどの工夫が必要かも^^;
 
 
上記全てのフライトが運航しているのは、月曜日です。
 
それ以外の曜日だと、どこかの便が運休だったりするので、なかなかうまくいきません。

まとめ

決戦は月曜日。
 
どこかのタイミングで決行して、今期こそはコンプリートをしたいと思います!
 
他にも1日3枚スタンプをもらうためのルートは色々あります。
 
出発地によっては1日で戻ってくることができないケースもあると思いますが、近い空港まで戻ってきて後は電車などで帰る、という選択肢も考えられますね。
 
ルートを考えるのは大好物、という方は少なからずいらっしゃると思います。
 
フライトを出来るだけ詰め込んだり、3フライトで3枚もらったり、一人一人それぞれの最適なルートを見つけて、ぜひスタンプをコンプリートしてみてくださいね 😉
 
なお、SDJ以外の基幹路線において、重複を少なくするルートで1日に3枚獲得する方法については有料メールマガジンの中で、さらに、BAの修行を効率的にコストを抑えつつ行い、1日3枚獲得するルートについてはBA Lifetime Gold Membership Clubの中でお伝えします。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea