Googleホテルを効果的に使う方法

Googleホテルを効果的に使う方法

あなたがもし、お得な航空券を予約しようと思って検索をする際、Googleフライトを利用することも多いと思います。
 
これはこれでとても有効活用ができるサイトなのでまた改めて解説しようと思いますが、姉妹サイトの
 
Googleホテル
 
もとても優れもの。
 
今回は、こちらのサイトの効率的利用法について解説します。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

使い方はシンプル

使い方ですが、検索したい国/州/都市/ランドマークなどを入力して検索するだけ。
 
アルファベットでも日本語でも、現地の言語でも大丈夫です。
 
例えば、「ロンドン」と入力して出てくる結果がこちら。

ちなみに、空港の3レターコードにも対応しているので、「LHR」と入れればロンドンヒースロー(LHR)周辺のホテルが表示されます。

ここから、絞り込み検索ができます。

絞り込み検索

絞り込みができるものとして主なものは、以下の通りです。
 
・価格
・バケーションレンタル(民泊)
・ユーザーの評価
・WiFi付、無料の駐車場有無、ベビーベッドの有無などホテルの設備
・ホテルブランド
 
特にホテルブランドについては、ホテル修行をしている方にとってはとても便利な機能だと思います。
 
実はこのホテルブランドだったんだ!ということを氣付かせてくれるかもしれません。

さらに便利な機能

さらに、絞り込み検索の下に
 
Where to stay
When to visit
What you’ll pay
 
という表示があると思います。
 
これはそれぞれ、
 
・エリア毎のおすすめホテル
・旅行するのに最適な時期
・必要な料金
 
がわかるようになっています。

Where to stay

Where to stayは例えば、ロンドンのPaddingtonエリアとGreenwichエリアでアコーホテルズ系列のホテルを探したい場合は、それぞれのエリアにチェックを入れてApplyをクリックします。

そうすると出てくる結果が、こんな感じ。

2つの青い色で囲まれたエリアの、小さな丸にアコーホテルズ系列のホテルがある、ということがわかります。
 
Paddingtonはヒースローエクスプレスの到着駅で、この周辺にホテルを予約すると便利なんですよね。

When to visit

When to visitは、月毎の混み具合、ホテル料金がわかるようになっています。

これを見ると、ロンドンの8月は意外とホテル料金が高くないんだな、といったことがわかるようになります 🙂

What you’ll pay

そしてWhat you’ll payでは、
 
宿泊しようとするホテルの料金が相場と比べて高いのか安いのか
 
がホテルのランク毎にわかるようになります。
 
例えば、4月上旬のある日のホテルランク毎の宿泊料金の平均はこんな感じです。

これを見ると、5つ星ランクのホテルは相場通りの料金だけど、4つ星以下のホテルであれば相場よりも安く宿泊できる、ということがわかります。
 
自身の経験や肌感覚と合わせてデータによる裏付けがあれば、お得さをより実感できますよね。

価格の比較

そして、宿泊するべきホテルの価格を比較して、より安いサイトで予約することができます。

ホテル修行をしているのであればここでは予約せずに価格だけチェックして公式サイトから予約したり、ポイントサイト経由で予約してポイントなりキャッシュバックなりを獲得することも可能です。
 
価格が表示されているので、各ホテルチェーンが実施している最低価格保証の申請の参考にもなるでしょう。

まとめ

あなたがもし旅慣れた方で、訪れる都市で宿泊するべきホテルが決まっているのであればあまり使い道はないかもしれませんが、行ったことのない都市において「空港近くのアコーホテルズブランドで、評判もそれなりにいいホテルに宿泊したい」と言ったイメージで検索をする場合にはとても効果的な使い方ができると思います。
 
Googleホテルや他サイトとの比較をしながら、お得にホテルに宿泊してくださいね 😉

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea