ハイアットホテルのカテゴリ変更(2019/3/18から)

ハイアットホテルのカテゴリ変更(2019/3/18から)

外資系ホテルチェーンは頻繁にホテルのカテゴリを変更します。
(改悪・改善含め)
 
IHGなんかはポイント宿泊の必要ポイント数をだいたい年1回のペースで見直します。

Screenshot

IHGのポイント宿泊必要ポイント数変更(一部改善!)

IHGのポイント宿泊必要ポイント数変更(一部改善!)

我らがハイアットも、2019/3/18からカテゴリが変更となり、宿泊の際の必要ポイント数が変更となります。
 
改善・改悪両方あるので、少し紹介したいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

変更となったホテルは

今回カテゴリ変更となったホテルは259あり、改善・改悪の割合は半々くらいです。
 

アンダーズロンドンがカテゴリ6から5になりました。
 
これは個人的にも嬉しい改善です。

Screenshot

ハイアット ライフタイムグローバリストへの道#7(Andaz London Liverpool Street)

ハイアット ライフタイムグローバリストへの道#7(Andaz London Liverpool Street)

同じくアンダーズシンガポールもカテゴリが6から5になっています。

Screenshot

ハイアット ライフタイムグローバリストへの道#24(Andaz Singapore)

ハイアット ライフタイムグローバリストへの道#24(Andaz Singapore)

また、パークハイアットで唯一カテゴリ4だったパークハイアットハンブルクも、ついにカテゴリ5になってしまいました。
 
ポイント宿泊には20,000ポイント必要となります。

日本は軒並み改悪

日本国内のハイアットホテルで今回変更対象となったのは6ホテルで、いずれもカテゴリが上がってしまいました。
 
変更となったホテルと、変更前後のカテゴリは以下の通りです。

ここをタップして表示Close
ホテル名 2019/3/17までのカテゴリ 2019/3/18からのカテゴリ
アンダーズ東京 6 7
グランドハイアット福岡 3 4
ハイアットリージェンシー福岡 2 3
ハイアットセントリック銀座東京 5 6
ハイアットリージェンシー京都 5 6
ハイアットリージェンシー那覇沖縄 3 4

まとめ

今回カテゴリが変更となった全ホテルのリストは、こちらの公式ページから確認いただけます。
 
https://world.hyatt.com/content/gp/en/landing/award-category-chart-updates.html
 
既に高いカテゴリでポイント予約したホテルが、宿泊時にはカテゴリダウンするような場合には、2019/3/19に差分のポイントが払い戻されるようです。
 
 
ハイアットリージェンシー福岡は5月で運営が終了するのですが、2ヶ月間はカテゴリ3での運営となります。
 
最後に花を持たせるのでしょうか^^;
 
何れにしても、日本のホテルをポイント予約する場合には3/18までに行った方が良さそうです 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA