IHGグループのポイント宿泊必要ポイント数が改悪(2019年1月版)

IHGグループのポイント宿泊必要ポイント数が改悪(2019年1月版)

インターコンチネンタルホテルなど、素敵なホテルブランドを展開しているIHGですが、2019年に入ってポイントによる宿泊の必要ポイント数の変更(改悪)がありました。
 
去年も同じ時期に、ポイント数の改悪がありました。

ScreenshotIHGグループのポイント宿泊ルールが改悪

IHGグループのポイント宿泊ルールが改悪

この変更(改悪)について、少し紹介したいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke)です。

変更(改悪)概要

IHGは実際のホテルの稼働率と照らし合わせて頻繁にポイントによる宿泊の際の必要ポイント数を変更していますが、今回は世界のホテルのほとんどのところで、ポイントが増加しています。
 
日本のIHGグループにも変更があったのですが、すべてポイント増となっています。
 
変更となった日本国内のホテルは、以下の通りです。

ここをタップして表示Close
ホテル名 変更後 変更前
ANAホリデイ・イン札幌すすきの 25,000 20,000
ANAインターコンチネンタルホテル東京 55,000 50,000
インターコンチネンタル 東京ベイ 55,000 50,000
ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル 55,000 50,000
ANAクラウンプラザホテル岡山 25,000 20,000
ANAホリデイ・インリゾート宮崎 15,000 20,000
ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー 30,000 25,000

唯一ANAホリデイ・インリゾート宮崎だけがポイント減となりました。
 
関東地方のインターコンチネンタルホテルは、軒並みポイント増です。
 
新しい必要ポイント数の詳細は、こちらのページをどうぞ。
 
https://ihg.scene7.com/is/content/ihg/IHG_DAM/ihg/2019-reward-night-adjustment/pdfs/2019_Point_Changes_Summary_120718_PDF.pdf

まとめ

今回、世界700くらいのホテルで変更がありました。
 
インターコンチネンタルホテルでポイント減となったのは中国にあるいくつかのホテルとベトナム・ハノイ、アルゼンチン・メンドーサにあるホテルで、それ以外は全て改悪。
 
ポイント購入のキャンペーンなどを利用してポイントを安く購入しても、その価値が薄まってしまいますね。

ScreenshotIHGのポイントをより安く購入する方法

IHGのポイントをより安く購入する方法

変更は、2019/1/14からです。
 
予約を検討されていた方、お早めにどうぞ!

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)