IHGがひっそりとロゴを変更しました

IHGがひっそりとロゴを変更しました

もうお氣づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、IHGのロゴが変わりました。
 
それに伴い、変わったこと、変わっていないことをお伝えします。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ロゴと共に変わったもの

今回のマイナーチェンジで、グループの名前が
 
IHG
 
から
 
IHG Hotels & Resorts
 
へ変わり、ポイントプログラムも
 
IHG Reward Club
 
から
 
IHG Rewards

へ変わりました。
 
ロゴは、これまでのイメージカラーであったオレンジから、黒へと変更されました。
 
現在16あるホテルブランドをまとめ上げるイメージを図るために、Hotels & Resortsという文言を付けたものと推測されます。
 
ちなみに、2021/2/8現在、Wikipedia上のロゴは英語版は既に変更となっていましたが、フランス語版・日本語版を含むそれ以外の言語でははまだ変更されていませんでした。


また、16のホテルブランドも4つのカテゴリに分かれることになりました。
 
それぞれのブランドの区分けですが、
 
・Luxury/Lifestyle
Six Senses
Regent
InterContinental
Kimpton
Hotel Indigo
 
・Premium
HUALUXE
Crowne Plaza
EVEN Hotels
voco Hotels
 
・Essential
Holiday Inn
Holiday Inn Express
avid hotels
 
・Suites
Atwell Suites
Staybridge Suites
Holiday Inn Club Vacations
Candlewood Suites
 
となっています。
 
Hotel Indigoは、”Luxury”と言えるのでしょうか・・・。

ScreenshotHotel Review : ホテルインディゴ アントワープ シティセンター(Hotel Indigo Antwerp City Centre)

Hotel Review : ホテルインディゴ アントワープ シティセンター(Hotel Indigo Antwerp City Centre)

変わっていないもの

ロゴやポイントプログラム名が変わったからと言って、ステータスの変更やアップグレードに関するルール変更があったわけではありません。
 
いままで通り、渋いままです。

まとめ

今回の変更は、ただの「氣分転換」であることを願います。
 
ロゴの変更を機に、ポイントプログラムの改悪があったのではたまったものではありません。
 
ただでさえ渋いのに、これ以上渋くなったらどうするのでしょうか・・・。
 
ただ、他のホテルチェーンがステータスのバラマキに近いことをやっている現状を見ると、使った金額が物をいうロイヤルアンバサダーのステータスにはとても興味があります。
 
ロイヤルアンバサダーのステータスはIHG招待制ですが、その基準がなんとなくわかったのでちょっと狙ってみようかな、という氣持ちもあります・・・ 😛

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea