IHGも2022年のステータス延長を発表

IHGも2022年のステータス延長を発表

ヒルトン、アコーホテルズ、マリオットと、世界のホテルチェーンが次々と2021年のステータスを2022年に延長する発表を行っている中、IHGはまだ発表がありませんでした。
 
ですがここに来て、IHGも2021年のステータスを2022年に延長すると発表。
 
遂にというか、やっとというかの発表です。
 
ステータス延長の詳細をお伝えします。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

発表概要

IHGは、現在のゴールドからスパイアステータスの保有者のステータスを2023年2月まで延長します。
 
そして、2021年の間に滞在した実績が、2022年の実績として繰り越されることになります。
 
ロイヤルアンバサダー及びキンプトンのインナーサークルステータスも、2022年12月まで延長となります。
 
自分のアカウントも確認しましたが、2022/12/31まで延長となっていました。
 
スパイアエリートの場合はチョイスベネフィットがありますが、2020年にスパイアエリートを取得し、2022年1月まで資格が延長された会員は、2021年3月末までにチョイスベネフィットの25,000ボーナスポイントまたはプラチナエリートステータスのギフトを受け取ることができました。
 
2021年に再度チョイスベネフィットを受けるには、2021年の間にステータス獲得・維持に必要な実績を満たす必要があります。
 
日本航空(JL)の施策と似ていますね。
 
IHGも他のホテルチェーンと同様、2021年のステータスを獲得維持しやすくしていますが、25,000ポイントもプラチナステータスの付与もいらないので、自分はパスです。

まとめ

需要が回復基調にあるとはいえ、旅行業会はまだまだ苦しい状況が続くようです。
 
そのために要は、去年の繰り返しを行ったということですね。
 
何もしなくても、ステータスが維持できます。
 
これでステータスの延長を発表していないのはハイアットだけとなりました。
 
いずれステータスの延長を発表するんだと思いますが、個人的には延長しないでほしいなと思っています。
 
ライフタイムグローバリストを目指していて、何れにしても毎年60泊する予定なので静かにラウンジで過ごさせてほしいです。
 
コンシェルジュに「ステータスの延長は発表しないでください」とお願いしたら聞いてくれるかな・・・。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA